日刊サイゾー トップ > カルチャー  > 多摩川の河原で「七草クエスト」

セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ……多摩川の河原で「新春・七草クエスト」

 続いては、なかなか見つからないのでは、との前評判だったゴギョウことハハコグサ。黄色いポンポンみたいな花が咲いていれば探しやすいのだが、この時期にはそれがないのだ。

 同定のポイントは、猫の舌のような形と、猫の耳のような産毛だニャー。這いつくばって探したところ、似たような草がたくさんあるなかで、きっとこれだろうというものを発見。素人による同定なので確実ではないが(これを「素人同定」と呼ぶ)、これがゴギョウということでいいだろう。

230中央のモサモサしているのがゴギョウのはず。家で育てて答え合わせをするというのも楽しいかもしれない。このモサモサが気持ち良いね。

 続いてはスズナ、スズシロ。カブとダイコンである。これは野草ではなく野菜なので、河原よりも八百屋で探すべき植物だろう。誰だよ、これを七草に入れたのは。

 だが、スズナは大丈夫。野生のダイコンなんて生えてないよーと思ってしまいがちだが、ここ多摩川の河原でいえば、これが結構生えているんだな。

457河原に生えるダイコン。

 栽培されているものの種が飛んで、海辺で野生化したものがハマダイコン。となると、これはカワラダイコンと呼ぶべきだろうか。

460引っこ抜いてみれば、ほらダイコンだ。

 立派な根っこ。土の柔らかい場所なら、もっと大きなダイコンも生えている。

 このようにダイコンならいくらでも生えているのだが、野生のカブは見たことがないと参加者全員が口をそろえる。どうせ生えていないからと、自宅の畑からカブを持参してきた人も。

 ダイコンの葉っぱはギザギザしているが、カブの葉っぱは丸っこいのか。

404葉っぱまで美味しそうなカブ。

 こういう葉っぱが生えてないかなーと探してみると、さっきのダイコンよりも明らかにカブ寄りの葉っぱを発見。

 もしかして、これは幻の野生カブなのでは!

338葉っぱの形がカブっぽい!

 ドキドキしながら抜いてみると……これは……ダイコン!

 葉っぱが丸いので期待したけれど、ダイコンとコマツナあたりの交雑種だったかな。でもまあ細長いカブの品種もあるので、カブということにしておこうか。「イワシの頭も信心から」というが、「細めのスズナも信心から」だ。

342スリムなカブだと信じよう。


12345
こんな記事も読まれています
関連キーワード

セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ……多摩川の河原で「新春・七草クエスト」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

山田ルイ53世インタビュー

1月7日に、1年の無病息災を願って食べる七草粥。春の七草を摘んで、お粥に入れて食べると...
写真