日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > 社会(トンデモ)  > 中国・大気汚染は「最悪レベル」

まるで国全体が“スモークドチャイナ”……中国・大気汚染「最悪レベル」を更新中!

まるで国全体がスモークドチャイナ……中国・大気汚染「最悪レベル」を更新中!の画像1北京の天安門広場も、スモッグで真っ白に。それでも、観光に出かける中国人たち

 日本にも大きな悪影響を与えている中国の大気汚染は、かねてから深刻な状況にあったが、このところ、以前にも増して危機的な状況だ。連日、中国各地でスモッグが発生し、交通網にも多大な影響を与えている。

 北京では今年に入ってからも濃いスモッグ状態が続き、中国当局は大気汚染の状況を知らせる4段階中2番目に深刻な「オレンジ警報」を出している。また、北京のアメリカ大使館が観測したPM2.5の数値は、1月1日に563を記録し、最悪レベルの「危険」(301~500)を上回る「指標超」となっている。

まるで国全体がスモークドチャイナ……中国・大気汚染「最悪レベル」を更新中!の画像2これは月ではなく、スモッグの向こうにある太陽の写真(四川省成都市)
まるで国全体がスモークドチャイナ……中国・大気汚染「最悪レベル」を更新中!の画像3ネットにアップされた、スモーク状態の高速列車

 そのため、空港では視界不良となり、欠航便が相次いだ。また高速道路も、同様の理由で閉鎖される地域が出ている。

 そんな中、中国各地を結ぶ高速列車は走行を続けているが、長距離を走ってきた車両が、まるでスモークされたかのように真っ茶色になっている写真がネットにアップされ、さすがの人民たちをも驚かせている。

「いい色に焼けているなあ」
「炭坑の中を走ってきたのか?」
「車両が、これだけ汚染物質を吸着しているということ。汚染除去の新兵器だ」

 全国各地で、このような深刻な大気汚染が進んでおり、まるで国全体が“スモークドチャイナ”とでもいうべき状況となっている。今後、日本に輸入されてくる中国産食品も、この大気汚染に“スモーク”されている可能性がある。もとから中国産食品には注意が必要だったが、これからは、さらなる注意が必要のようだ。
(文=佐久間賢三)

最終更新:2017/01/23 10:38
こんな記事も読まれています
関連キーワード

まるで国全体が“スモークドチャイナ”……中国・大気汚染「最悪レベル」を更新中!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

超絶ストイックな『クマ撃ちの女』

 毎年この時期になると、たびたび報じられる「...…
写真
インタビュー

“変態紳士”高嶋政宏、降臨!

日本にも大きな悪影響を与えている中国の大気汚染は、かねてから深刻な状況にあったが、このと...
写真