日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > 政治  > 攻撃的報道官、実は蒼井そらファン

華々しくデビューした中国外務省“攻撃的報道官”、実は蒼井そらファンだった!

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

蒼井そらの「知り合いのフォロワー」内には趙立堅氏の名前が(「自由時報」より)

 2月24日に初めて記者会見に登場した中国外務省の趙立堅(ちょう・りつけん)報道官だが、就任早々、米政府が中国共産党・政府系メディア5社の記者など米国内で働く職員の人数に上限を設けると発表したことに対し、政治的弾圧であると抗議。方針の撤回を求め、対抗措置を取ることを示唆した。

 趙氏は4年間の中国駐パキスタン大使館副館長を経て現職に任命されたが、「攻撃的で外交官らしからぬ態度」で有名で、中国国内ではアクセスが遮断されているTwitterのアカウントを持っており、そのTwitter上では、オバマ前大統領の国家安全保障担当補佐官だったスーザン・ライス氏と人種差別をめぐってやり合ったこともある。しかし、そんな攻撃的な趙氏にも意外な一面があるようだ。

「自由時報」(2月26日付)などによると、趙氏は元AV女優・蒼井そらのTwitterをフォローしていたというのだ。ネット民に暴露されたことですでにフォローは解除されているが、ネット上では、蒼井のアカウント上の「知り合いのフォロワー」内に趙氏の名前が表示されている証拠画像が拡散。ネット民からは、2012年の尖閣諸島国有化に端を発する反日暴動で話題になったフレーズ「蒼井そらは世界のもの!」や「これが趙さんの本来の顔だ」「知名度アップにつながった」など、趙氏をイジるコメントが殺到した。

 蒼井は、中国版Twitter「微博」で1,900万以上のフォロワーを抱えるほど絶大な人気を誇っているが、Twitterでの投稿はほとんどが日本語。趙氏が日本語をマスターしているかどうかは不明だが、相当コアなファンのようだ。

 中国の報道官については、前任の華春瑩(‎か・しゅんえい)氏がTwitter上で習近平退陣に関する投稿に「いいね!」を押したことが発覚。それによって報道官の任務を外されたとの見方もある。著名人のSNSは時に命取りとなるだけに、蒼井をきっかけとした知日派かもしれない彼が、エリートコースからはみ出さないことを祈りたい……。

最終更新:2020/03/04 14:00

華々しくデビューした中国外務省“攻撃的報道官”、実は蒼井そらファンだった!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

志村けん急逝――悲しみ広がる

お笑い界のレジェンドが残した偉大な功績の数々を振り返る!
写真
人気連載

松田聖子、3度目の離婚も?

 世界各地で、新型コロナウイルスの感染拡大に...…
写真
インタビュー

東海テレビが記録映画を作るワケ

 東海テレビが制作し、東海テレビの放送エリアだけで流れたドキュメンタリー番組『さよなら...
写真