日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > 社会(トンデモ)  > 整形手術後、1カ月で鼻崩壊

ほつれた縫合糸が皮下から大量に……! 整形手術後1カ月で鼻が崩壊した女性

ほつれた縫合糸が皮下から大量に……! 整形手術後1カ月で鼻が崩壊した女性の画像1女性の鼻から摘出された縫合糸(新浪新聞)

 中国の美容整形市場は日本円で8兆5,000億円に迫り、いまやアメリカやブラジルに次ぐ世界3位の美容整形大国となっている。しかし、心配なのがその質だ。実際、整形手術にまつわる医療過誤は、日常的に報じられている。そんな中、鼻を高くする隆鼻手術を行った女性が、とんでもない目に遭ってしまったという。

「新浪新聞」(3月26日付)によると、湖北省武漢市に住む女性が市内の病院で隆鼻手術を受けたところ、患部が化膿し、鼻の頭から手術で使用されたと思われる縫合糸が次々と出てくるという、ホラーのような事態が発生した。

 彼女は以前から自分の鼻にコンプレックスを抱いており、2カ月ほど前に隆鼻手術を受けた。執刀医の説明では、術後は体内に吸収され、抜糸の必要のない縫合糸を使用するとのことだった。ところが、術後30日ほどたったころ、患部に違和感を覚え、鏡で確認したところ、鼻の頭から赤く血に染まった細長い糸のような物体が飛び出していることに気がついた。不審に思い、この糸を鼻から抜き取ったが、数日後、また同じ場所から、今度は2本の糸が飛び出しているではないか。強い痛みを感じた彼女が手術を行った病院を訪ねるも、鎮痛剤を処方されるのみで、根本的な治療を求めると断られてしまったという。

 そこで、市内にある大学病院で診察を受けた結果、鼻の中にあった7本すべての縫合糸の摘出を行うことになった。担当した同院の医師によると、彼女の鼻は化膿が進行しており、執刀医の未熟な技術や不衛生な手術環境が疑われると指摘。残念ながら彼女の鼻には、整形手術による傷痕が一生残ってしまう可能性が高いという。


12
こんな記事も読まれています
関連キーワード

ほつれた縫合糸が皮下から大量に……! 整形手術後1カ月で鼻が崩壊した女性のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

錦戸亮の電撃退所でジャニタレ大量離脱危機!

かねてから退所がウワサされていた錦戸。中居、長瀬がこれに続く!?
写真
人気連載

本場フィンランドの新しいサウナ道

かつてないサウナブームの中、サウナ道こと“サ...…
写真
インタビュー

『カニバ』佐川一政の実弟が激白

中国の美容整形市場は日本円で8兆5,000億円に迫り、いまやアメリカやブラジルに次ぐ世界...
写真