日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > 社会(トンデモ)  > 中国版「メルカリ」で乳児を販売? 

中国版「メルカリ」で生後7カ月の乳児を販売?  当局の“デマ認定”が逆に怪しすぎる!

中国版「メルカリ」で生後7カ月の乳児を販売?  当局のデマ認定が逆に怪しすぎる!の画像1中国のフリマアプリに、26万元で実娘を販売するという鬼畜な書き込みが

<とてもかわいくて、泣くことはありません。おなかをいっぱいにして、よく寝かせてあげれば、泣きません。家庭の事情で養っていけなくなったので、最低価格26万元(約416万円)で売り出します>

 これは、中国の大手フリマサイトの出品内容の説明を抜粋したものだ。いったい、何を売ろうとしているのだろうか? 一見すると、ペットのようだが……。

 正解は、なんと人間だ!

 しかもこの出品者は、生後わずか7カ月の実の娘を売ろうとしているのだ。

「澎湃新聞網」(4月11日付)などによると、母親はフリマアプリ「閑魚」に実娘の写真とともに、冒頭の説明文をつけて出品。それを見たひとりが購入を希望すると、出品者は「値下げには応じない」と返答するとともに、出生証明書を表示したという。

中国版「メルカリ」で生後7カ月の乳児を販売?  当局のデマ認定が逆に怪しすぎる!の画像2「閑魚」はアダルトグッズも充実。「未使用」となっているが、真偽は定かではない(写真はPC用サイト)


12
こんな記事も読まれています

中国版「メルカリ」で生後7カ月の乳児を販売?  当局の“デマ認定”が逆に怪しすぎる!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

岡村がビビる松本をイジる若手

テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週(...…
写真
インタビュー

ゲキメーションの旗手登場!

<とてもかわいくて、泣くことはありません。おなかをいっぱいにして、よく寝かせてあげれば、...
写真