日刊サイゾー トップ > 海外 > 社会(トンデモ)  > 中国版「メルカリ」で乳児を販売? 

中国版「メルカリ」で生後7カ月の乳児を販売?  当局の“デマ認定”が逆に怪しすぎる!

中国版「メルカリ」で生後7カ月の乳児を販売?  当局のデマ認定が逆に怪しすぎる!の画像1中国のフリマアプリに、26万元で実娘を販売するという鬼畜な書き込みが

<とてもかわいくて、泣くことはありません。おなかをいっぱいにして、よく寝かせてあげれば、泣きません。家庭の事情で養っていけなくなったので、最低価格26万元(約416万円)で売り出します>

 これは、中国の大手フリマサイトの出品内容の説明を抜粋したものだ。いったい、何を売ろうとしているのだろうか? 一見すると、ペットのようだが……。

 正解は、なんと人間だ!

 しかもこの出品者は、生後わずか7カ月の実の娘を売ろうとしているのだ。

「澎湃新聞網」(4月11日付)などによると、母親はフリマアプリ「閑魚」に実娘の写真とともに、冒頭の説明文をつけて出品。それを見たひとりが購入を希望すると、出品者は「値下げには応じない」と返答するとともに、出生証明書を表示したという。

中国版「メルカリ」で生後7カ月の乳児を販売?  当局のデマ認定が逆に怪しすぎる!の画像2「閑魚」はアダルトグッズも充実。「未使用」となっているが、真偽は定かではない(写真はPC用サイト)

12

中国版「メルカリ」で生後7カ月の乳児を販売?  当局の“デマ認定”が逆に怪しすぎる!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る
トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

宇多田ヒカル「First Love」とアジアの“青春”

 私たちの“青春”は、何度でもリプレイされ続ける。  Netflixにて全世界独占配信中のオリジナルドラマシリーズ『First Love 初恋』...…
写真
人気連載

“青春の痛み”描く、藤井道人プロデュース作

 青臭くて、ひとりよがりで、あまちゃんで、心...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真