日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > 社会(トンデモ)  > 中国版「メルカリ」で乳児を販売? 

中国版「メルカリ」で生後7カ月の乳児を販売?  当局の“デマ認定”が逆に怪しすぎる!

 この一件は、瞬く間に中国版Twitter「微博」などを通じて広まった。すると、上海市の宝山警察が、この出品はデマだと発表。18歳の同市在住の女が乳児の画像をダウンロードし、その子の親のアカウントに不正アクセスして書き込んだのだという。第三者によるイタズラ的な犯行だったことがわかり、ネットユーザーも少しホッとしたようだ。

 しかし、当局のあまりに迅速な対応が逆に怪しいと指摘するのは、上海でコンサルタントをしている日本人男性だ。

「『閑魚』は、いわば日本の『メルカリ』のようなサービスで、2014年にニューヨーク証券取引所に上場したことで話題となった、アリババグループの傘下です。アリババのジャック・マー会長といえば、全国人民代表大会(全人代)に参加するなど中国政府との太いパイプを持っており、当局を動かすことはわけもないでしょう。世間のアリババに対する批判をかわすために、スケープゴートをでっち上げ、デマに仕立て上げた可能性もあります。実際、弁護士などの専門家は、アリババの管理不行き届きを非難しています」

 中国のことだから、もちろん真相はわからない。しかし、これが本当なら、中国ではカネ次第でなんでも揉み消せてしまうということか。くだんの女児の出品はすでに削除されているが、もしかしたらすでに“売却済み”なのかもしれない。
(文=中山介石)

最終更新:2017/04/15 14:00
12

中国版「メルカリ」で生後7カ月の乳児を販売?  当局の“デマ認定”が逆に怪しすぎる!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

志村けん急逝――悲しみ広がる

お笑い界のレジェンドが残した偉大な功績の数々を振り返る!
写真
人気連載

たけし&志らく女性に周囲が迷惑

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、各...…
写真
インタビュー

東海テレビが記録映画を作るワケ

<とてもかわいくて、泣くことはありません。おなかをいっぱいにして、よく寝かせてあげれば、...
写真