日刊サイゾー トップ > その他  > 舞台版『デジモン』の魅力とは!?
【おたぽる】

「超進化ステージ『デジモンアドベンチャー tri. ~8月1日の冒険~』」出演・松本岳&アニメ版声優・花江夏樹が語る、舞台『デジモン』の魅力

――花江さんは15年に公開された『tri.』第1章「再会」から太一役を演じられていますが、役作りはどのようにされましたか?

花江 アニメを見返して、「太一ってこういうキャラクターなんだな」っていうのをまず頭においてから、『tri.』になって成長して悩む太一の気持ちを入れていきましたね。

「超進化ステージ『デジモンアドベンチャー tri. ~8月1日の冒険~』」出演・松本岳&アニメ版声優・花江夏樹が語る、舞台『デジモン』の魅力の画像2

――同じ役を演じるということで、松本さんは花江さんの演技を意識されることもあると思います。舞台ではどんな太一を演じてみたいですか?

松本 子どものときに観ていた『デジモン』の印象が強いので、太一はリーダー的存在でみんなを引っ張っていく熱いキャラのイメージがあったんですけど、今回『tri.』を観ていると、太一の心境の変化がすごくあって。「あぁ、太一も大人になっていくんだな」って思いましたし、そういう部分を花江さんが演じている太一に少しでも近づけられるように意識して舞台に挑みたいと思っています。

――松本さんは太一を演じるにあたり、彼がどういうキャラクターだと認識していますか?

松本 最初はリーダー的存在だけど、今回の『tri.』で大人に成長していく中で、「本当にこのまま戦っていいのか」という葛藤があったり、いろんな物事を考えている太一がいて。みんなのことはちゃんと心にあって、周りのことを考えているからこその葛藤だし、ただ拒否している太一じゃないっていうところを舞台でどう表現しようかと、今模索中です。でも、表現できればみなさんに伝わるかなと思っているので頑張りたいところですね。

■「みなさんが求めている太一を演じることができれば」松本

――お二人の『デジモン』に関する思い出についてお聞かせください。

松本 “『デジモン』ごっこ”はすごいしましたね。友達と「(*)デジヴァイス」を保育園に持っていって怒られた思い出もありますし(笑)、太一に憧れて単眼鏡を買ってもらって、それを持って太一になった気分で田舎を旅したりとか、『デジモン』の思い出はたくさんあります!

花江 僕は小学生の頃にアニメが放送していたので、休みの日は必ず観ていました。「デジヴァイス」もファミレスに行ったときに叔父に買ってもらって(笑)、ずっと遊んでいましたね。当時はまだ小さかったので、細かいストーリーはあまり理解していなかったんですが、ひたすら「かっこいいな~!」って思って観ていたので、今こうやって太一を演じていることにびっくりしています。

*デジヴァイス……作中に登場する小型の機械のこと。携帯液晶玩具シリーズとして同名のデーム機が発売されている。

――子どもの頃にもともと観ていた作品を、大人になった自分が演じるということに難しさはありますか?

松本 難しさはもちろん、不安もあります。自分もすごく大好きな作品だったので、みなさんが求めている太一を演じることができればいいなと思います。でも自分の信じた太一を思い切って楽しみながら演じることができれば一番いいのかなと思っています。

――その「みんなの期待に添える太一になれるかな」というところは、『tri.』第1章のときに花江さんが感じられたのではないかと思いますが……。

「超進化ステージ『デジモンアドベンチャー tri. ~8月1日の冒険~』」出演・松本岳&アニメ版声優・花江夏樹が語る、舞台『デジモン』の魅力の画像3

花江 そうですね。最初に『tri.』のPVで太一の声が流れるときに、みんな昔の太一のイメージを持っていらっしゃったので、どういう反応がくるかすごいドキドキしました。でも、やっぱり自分が思ったように、監督やスタッフさんと話し合った上でずっと今まで積み重ねてきているので、そこは自分の中の太一に自信を持っています。今『tri.』も第4章、5章ときていて、太一自身もだんだん昔の自分を取り戻しつつあるし、見ている人からも、「最初はどうなるかと思いましたけど、今は花江さんが太一でよかったです」みたいなことをすごく言っていただけるので、うれしいですね。

 舞台も最初はみんないろんなイメージを持っているからわからないと思いますけど、気持ちをそれだけぶつけていけば、たぶん、観終わった後にお客さんが「太一だったな」って思ってくれると思うんですよね。なので、そこはあまり心配せずに、思ったようにやっていただけたらいいなと思います。

――太一を演じる上で、花江さんが一番大事にされていることは何ですか?

花江 一番大事にしたのは、子供の頃の記憶ですね。『tri.』は、高校生からのお話ですけど、やっぱり昔のデジタルワールドでの記憶、アグモンとの絆、みんなで冒険した思い出は絶対消えないものだし、そこは太一にとっての宝物だと思うので、その記憶は常に思い出しながらやっていましたね。


12345

「超進化ステージ『デジモンアドベンチャー tri. ~8月1日の冒険~』」出演・松本岳&アニメ版声優・花江夏樹が語る、舞台『デジモン』の魅力のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

Netflix『アイ・アム・ア・キラー』

 Netflixはまるで人生のようだ。『テラ...…
写真
インタビュー

離婚のうしろめたさとその解放

 離婚経験を持つ13人の男性に、その経緯や顛末を聞いたルポルタージュ「ぼくたちの離婚...
写真