日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 熱血!”文化系”スポーツ部  > 「世界パラ陸上」どう見るべき?

視点を変えると見方も変わる――開幕直前『世界パラ陸上』はどう見るべき?

 昨年のリオパラリンピックを経て、パラスポーツとパラアスリートは以前よりだいぶメディアで目にする機会が増えた。ただ、既存のスポーツと比べると、まだまだどう見ればいいのかわからないのが正直なところ。この番組では、中西の友人でありライバル、リオパラリンピック幅跳びの銀メダリストであるステファニー・リードが、こんな言葉でパラスポーツの魅力を語っていたのが印象的だった。

「例えば、腕のない水泳選手が水を切って進んでいく姿には、本当に力強いメッセージがあると思います。そこには どこか“共感”が生まれるからです。人なら誰だって、夢をかなえられないつらさを知っています。そういった意味で、パラリンピック選手には共感しやすい。パラリンピック選手を見ると、それぞれが超えてきた困難が、すぐに見えます。それこそが力強いメッセージだと思います」

 オリンピックで得られるのが驚嘆だとすれば、パラリンピックは共感。そう捉えるだけで、パラスポーツとパラアスリートにグッと接しやすくなるはずだ。

 ちなみに、壇蜜演じる「ナミ」は、事故で右足を切断した、という設定。そんな彼女を通して、こんなやりとりもあった。

風間「最近、元気になったナミを見ていたらなんでもできるような気がして、この年にして、苦手だった泳ぎを克服してみようかな、って」
壇蜜「そういう美談にするところ、大っ嫌いだからね」

 障害者、と聞けば美談に仕立てようとする一部の界隈にこそ、見てほしかった番組だ。

『世界パラ陸上』期間中(7月14~23日)はまた再放送される可能性もあるし、今後、シリーズ化しそうな(というか、するべき)番組だっただけに、機会があればぜひ、多くの方に見ていただきたい。
(文=オグマナオト)

最終更新:2017/07/13 21:00
12
こんな記事も読まれています

視点を変えると見方も変わる――開幕直前『世界パラ陸上』はどう見るべき?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

宮迫&亮問題、吉本興行のブラック体質は変わるのか?

宮迫&亮の涙の会見で、吉本芸人の反乱が始まる!?
写真
人気連載

吉本興業に干された大物芸人

 “闇営業騒動“に端を発し、”パワハラ”、”...…
写真
インタビュー

2019年注目すべきメジャー洋画!!

 あけましておめでとうございます。お正月休みには、たっぷり映画を楽しみたいという方が...…
写真