日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 週刊誌スクープ大賞  > 豊田真由子議員の夫が明かす苦悩
週刊誌スクープ大賞

「このハゲ!」と叫びながら近所の子どもが……豊田真由子議員の夫が明かした“苦悩”とは

 「このハゲ!」と叫びながら近所の子どもが……豊田真由子議員の夫が明かした苦悩とはの画像1「週刊現代」(8/5号、講談社)

今週の第1位
「『加計に決めました』出来レース議事録」(「週刊文春」7/27号)

同・第2位
「豊田真由子議員の夫(49歳)が初めて語った『家庭内の真実』」(「週刊現代」8/5号)

同・第3位
「渦中の『松居一代』独占手記」(「週刊新潮」7/27号)
「パンツをくれた89歳の恩人がついに叱った『松居一代さん、あなたちょっとやり過ぎよ!』」(「フライデー」8/4号)
「松居一代にハワイ地裁から『出廷命令』」(「週刊文春」7/27号)

同・第4位
「検査入院で手負いの『安倍総理』トホホな内閣改造」(「週刊新潮」7/27号)

同・第5位
「渡辺謙『許されざる者』」(「週刊文春」7/27号)

同・第6位
「『再審請求中の執行』はタブーか?」(「週刊新潮」7/27号)

同・第7位
「稀勢の里が迫られる『年内全休』の決断」(「週刊ポスト」8/4号)

同・第8位
「あなたは『内部告発』をして本当によかったですか?」(「週刊ポスト」8/4号)

同・第9位
「デタラメ中国経済の『化けの皮』を剥ぐ」(「週刊現代」8/5号)

同・第10位
「いつ、安倍を見限るか『おっさん二階』がいま考えていること」(「週刊現代」8/5号)

同・第11位
「10年後に土地の値段が『上がる駅』『下がる駅』全国776ヵ所完全リスト」(「週刊現代」8/5号)

同・第12位
「稲田朋美『政治資金パーティー』の発起人は“死者”だった!」(「週刊ポスト」8/4号)

同・第13位
「『68歳以上限定婚活パーティー』潜入ルポ」(「週刊ポスト」8/4号)

同・第14位
「天才・清宮幸太郎早稲田実業はプロで一流になれるか」(「週刊現代」8/5号)

同・第15位
「信用できる 信用できない 天気予報の見分け方」(「週刊ポスト」8/4号)

【巻末付録】現代とポストのSEXYグラビアの勝者はどっちだ!

 さて、天気予報を朝から晩までやっているが、当たったためしがないと思いません?

 ポストもそう思ったらしく、天気予報の見分け方という特集を組んでいる。

 そもそも夏は天気予報の的中率が低いという。伊東譲司気象予報士が、ゲリラ豪雨は特に難しいと話す。

「こうしたスケールの小さい現象は、風や気温などの時間変化をコンピューターで計算する数値予報の弱点であり、1日前に予想するのは非常に難しい」

 ゲリラ豪雨の情報は、ネットで気象庁の「降水短時間予報」や「ナウキャスト」を見るといいそうだ。

 熱中症リスクの判断は、湿度や風も重要だという。「時々雨」と「一時雨」はどっちが降るのか? これは「時々」のほうが長く降るそうだ。

 テレビ各局の予報が少しずつ違うのは、気象庁の予報プラス民間の気象会社を使っているから。

 当日の予報を知りたければ、テレビよりラジオのほうがいいそうだ。気象庁が発表する「的中率」は、関東甲信越の場合は1月が90%だが、7月は77%と下がる。週間予報は75%程度。

 落語にこんなのがある。「今日は雨が降る天気じゃない」。雨が降ったら、「今日は雨が降る。天気じゃない」といっただろ。雨が降らなければ、そのまま続ける。

 まあ、ほどほどに信用したほうがいいということのようですな。

 早稲田実業の清宮幸太郎が、ものすごい勢いでホームランを量産している。日本ハムの中田翔の87本や、西武の中村剛也83本の高校時代のホームラン記録をはるかに超えた。

 高校通算本塁打記録となっている神港学園・山本大貴の107本を超えるのは間違いないから、ダントツの超高校級といっていいだろう。

 となると、プロ入りは間違いないだろうが、一抹の心配は、高校野球は金属バット、プロは木製バットである。

 現代によると、そこを危惧している解説者が多くいるそうだ。通算165勝を挙げた西本聖がこう話す。

「金属バットの場合、人並み外れたパワーがあれば、打ち方が多少悪くても飛んでいきますからね。実際、107本の最高記録を作った選手(山本大貴/JR西日本)も、社会人に進んで伸び悩んだ。高校時代の本塁打数はプロでの活躍には直結しないと考えるべき」

 元阪神監督の岡田彰布も、清宮のフォームは、金属バット用に「最適化」されている印象があると危惧している。

 さらに、左ピッチャーに弱いこと、一塁というポジションには多くの強打者がひしめいているから、他の守備位置に回された場合、そこで慣れるのに時間がかかるなどの「不安」を指摘する声も多いようだ。

 だが、清原和博以来のいきなり3割、30本を目指せる逸材には違いない。かつてのベーブ・ルースを彷彿とさせるスタイルで、ポンポンスタンドに放り込む姿を早く見てみたい。

 多くのプロたちの危惧をひっくり返すには、結果を出すしかない。それができる清宮だと思う。


1234567

「このハゲ!」と叫びながら近所の子どもが……豊田真由子議員の夫が明かした“苦悩”とはのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

注目のバディムービー2本レビュー

 ひとりでは事件は何も起きないが、価値観...…
写真
インタビュー

インタビューまとめ

さて、天気予報を朝から晩までやっているが、当たったためしがないと思いません? ポストもそ...
写真