日刊サイゾー トップ > カルチャー > マンガ  > 単行本売れず『浮浪雲』連載終了

単行本は、まったく売れていなかった……ジョージ秋山『浮浪雲』連載終了に安堵の声も

「ようやく終わってくれるのか……」

 小学館発行のマンガ雑誌「ビッグコミックオリジナル」にて連載されてきたジョージ秋山の『浮浪雲(はぐれぐも)』が、9月20日発売号で最終回を迎えることが話題を呼んでいる。

『浮浪雲』は、同誌創刊翌年の1973年から連載されてきた作品。『三丁目の夕日』(1974年連載開始~継続中)、『釣りバカ日誌』(1979年連載開始~継続中)など長寿連載の多い同誌連載作の中でも、群を抜いて長期間連載されてきた作品である。

『浮浪雲』は、ジョージ秋山が初めて青年誌に発表した作品であり、幕末の品川宿を舞台に、主人公・雲を中心とした日常を描いてきた。主人公の名前のように、ゆらゆらと綴られる物語には、さまざまな人生のヒントが込められている。そんな評価の下で、常に「ビッグコミックオリジナル」の後ろのほうに掲載され、「雑誌の読者なら必ず読んでいる作品」という地位を不動のものにしてきた。

 けれども、あくまで高いのは作品の人気だけであった。編集部の事情に詳しい関係者は明かす。

「作品は常に一定の支持を集めてきました。しかし、作品は人気があるのに、単行本はあまり売れないのです。そのため、ある時期からは単行本の発行部数を減らしていたんです。でも、先生の印税分を減らすことはできません。だから、印税は今まで通りとして、実際の刷り部数を減らしていたのです」

 つまり、印税は1万部分を支払うが、実際には5,000部しか印刷・製本しない……というスタイルで、連載は継続してきたのだという(実際の数字は不明)。

 日本雑誌協会の公表しているデータによれば、今年4月~6月期の「ビッグコミックオリジナル」の発行部数は50万部。「ビッグコミックスピリッツ」の14万5,833部。「モーニング」の20万8,358部から比べるとはるかに多い。

 とはいえ、2008年4月~6月期の82万8,333部からは、かなり目減りしている。それ以前には100万部を突破していた時代もあるわけだから、かなり台所事情が苦しくなっているのは、自ずと理解できる。

 そうした中にあって、単行本が売れない『浮浪雲』は、重荷になっていたというウワサも。ゆえに、関係者の間では連載終了に安堵の声も聞かれているのである。

 とはいえ、たとえ単行本の売り上げが芳しくなかったからといって、作品の価値が下がるわけではない。この連載終了を機に、新たに単行本の需要が伸びる可能性も期待できる。

 惰性で読んでいるつもりが、ふと深さに気づかされるのが『浮浪雲』という作品の最大の特徴。連載が終了する今だからこそ、本棚に余裕があるなら揃えておきたい作品のはずだ。
(文=是枝了以)

最終更新:2017/08/22 17:00
こんな記事も読まれています
関連キーワード

単行本は、まったく売れていなかった……ジョージ秋山『浮浪雲』連載終了に安堵の声ものページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

高良健吾主演のR18作

 初恋の相手にもう一度逢ってみたい、そう思う...…
写真
インタビュー

ゲキメーションの旗手登場!

 デジタル化の進む現代社会において、アナログ感たっぷりな新しい恐怖の扉が開いた。京都...…
写真