日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > エロ  > ベルギーの性教育が進みすぎ!

ベルギーの性教育が進みすぎ! 15歳の少年少女に「ハチドリフェラ」から「アナルセックス」まで徹底解説!?

睾丸を手でさすりながらのフェラもオススメ

 そのほかにも、ペニスの愛撫の仕方、クンニやフェラのテクニック、体位の種類だけではなく、なんとアナルセックスの方法までが紹介されている。

 例えば「ハチドリ」というフェラのテクニックを教える部分では、「舌をハチドリの羽のように素早く動かす。これは睾丸からペニスの先まで、どの部分にも使えるテクニックです」などと書かれている。

 ベルギーのメディアによると、このサイトはフランダース地方政府が支援する『若者向けガイド』という子ども向けガイドブックでも推奨されており、この冊子は、この地方全域の小学校で配布されているのだという。

 現地でも、このサイトには否定的な声も出ており、カトリック系の教育団体関係者は「あまりにもセックスのテクニック的な面ばかりにスポットを当てている」として、ショックを隠さない。

さまざまな体位を名称付きで紹介。多民族が住むベルギーらしく、いろいろな人種が登場し、男性同士、女性同士の体位も描かれている
2012年頃にベルギーで朝7時から放映されていたという性教育番組。ペニスらしきキャラクターが意味不明の叫び声を上げ、最後には頭の先から白い液を噴き出す

 ベルギーといえば、同国のあまりにもクレイジーすぎる性教育番組が、5年ほど前に日本でも話題になったことがあった。

 こうした性の英才教育は、国民総テクニシャン化を目指す国策なのだろうか……。

 

最終更新:2018/12/12 15:55
12
こんな記事も読まれています

ベルギーの性教育が進みすぎ! 15歳の少年少女に「ハチドリフェラ」から「アナルセックス」まで徹底解説!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

多部未華子のユーモアと愛嬌

 10月1日、”多部ちゃん”こと多部未華子が...…
写真
インタビュー

最近急増中の“こじらせ男子”とは?

最近、なんか面倒臭い男が増えているな――みたいな実感、ありませんか?  そんなモヤモヤを...
写真