日刊サイゾー トップ > カルチャー > マンガ  > 『私だってするんです』小谷真倫の探求

女と自由との揺らぎ──『私だってするんです』小谷真倫の探求「自分の凡庸に負けたんだ……」

 現代では、女性が性的なテーマを描くこと自体は珍しくなくなった。作中で登場しているボーイズラブ。男性向けの、いわゆる「エロマンガ」でも、女性作者は当たり前の存在だ。そうした「実用重視」の作品群とは、別のベクトルの、女性が描く性というのも存在する。マンガに限らず、文章や映像など、さまざまな形で描かれる作品群。どこかハイコンテクストで、個人的な体験を社会の中で一般化。ともすれば、社会に問題を提起することに熱心な、声の大きな作品群。

『私だってするんです』は、そのどちらのジャンルにも属さない。作品中に描かれるオナニーのやり方で興奮させたり、登場人物の用いているオカズを通じて「多様な性を認めろ」とかいって、社会に向けて声を上げるわけでもない。狂言回しを通して描かれるのは、オナニーの楽しさと、無限の可能性。いわば、地に足の着いた感じで、女性が密かに行っている性欲の満たし方を綴っている。

 ともすれば「出オチ」にもなり得るテーマ設定。けれども、コメント欄でも読者に指摘されていたが、作品は回を追うごとに面白くなっている。単に女子高生がさまざまな女性のオナニーを探求するだけだったら、誰にでも描ける。ただし、すぐに失速して惰性になってしまうだろう。

 この作品がそうならない理由。それは、狂言回しである林檎が、いかなるオナニーや使っているオカズに対しても、まったく否定的な態度を取らないこと。いかなる行為に対しても「うわ~変態」とか「それは、上級者すぎる」などという、Twitterなどにありそうな、安全圏で上から見下ろす態度は一切ない。それを、理解し我が身の中に吸収しようとする。そればかりか、林檎は快感に到達し得ない自分を嘆くのだ。

 それがもっとも濃厚に描かれているのは、第8話「オカズは『私』」のセクスティング。それは、自分の裸体などを自撮りして彼氏などに送る行為。姉が、その行為で未知なる快感を我が物としていることを聞いた林檎は、自身でも挑戦する。自分の身体を撮影することで繰り広げられるナルシスティックな行為の数々。それは、確かに未知の快感を教えてくれる。「すごいっ意外と自分の体で白飯3杯はイケるよ!」と、自給自足で得られる快感のスゴさが独特の表現で記される。しかし、それをひとまずは彼氏であるエデンに送ろうとした時、林檎は躊躇してしまう。そこに、新たな快感があるのはわかっている。しかし、恥ずかしさをかなぐり捨てることはできない。そこで林檎が味わうのは、敗北感。

「自分の凡庸に負けたんだ……」

 この一言に、作者・小谷のオナニーにまつわる数多の事柄を、ポジティブに捉えて自分自身も獲得しようとする心情が込められているように思える。その探究心や、あらゆるものを否定する態度に「共感」を得られる要素があるのか。そうした探究心はマンガ的に描こうとすれば、いくらでもできる。すなわち、そんな気持ちなどないのに頭の中で組み立てることもできる。

 これまで、そんな「意識の高さ」を匂わせる作品にも多く出会ってきた。けれども『私だってするんです』には、そんな凡庸さはない。狂言回しである林檎を通して、作者自身が探求し右往左往する様が描かれているように思えたからだ。物語の必然として、林檎が調査をしなくてはならない理由はきちんと描かれている。でも、それを踏まえた上で作者である小谷自身の体験した驚き、快感、躊躇が余すことなく表現されている。その嘘のなさこそが「共感」を生んでいるのではなかろうか。

 デビューからこれまでの間に発表した作品が極めて少ない、寡作な描き手。それでいて、描くものは極めて濃厚。小谷真倫とは、いったい、どんな人物なのか。そんな極めて単純な好奇心から、取材を申し込んだ。

 

 最初に連絡したのは『くらげバンチ』のメールフォーム。驚くほど早く、日時は決まった。場所は神楽坂にある新潮社の別館。飯田橋駅から、喧噪にまみれる神楽坂通りをトボトボと歩いて登りながら、どんな人物が待っているのか、さまざまな想像がめぐった。

 ふと思い出したのは、単行本の中にあった一文である。

 小谷はもともと夜の世界の人間である。

 単行本のために描き下ろされた、おまけマンガにはそう書いてあった。ほかのページも含めて、添えられた作者自身の造形は、たらこ唇のズケズケと図太そうなタイプの女。女性ではなく「女」という一文字がしっくりとくる。インタビューを受けてくれるとはいえ、自意識が高くて押しの強そうな水商売風の女が来たら、どうしようかと思った。見ようによっては、オナニーのことを、ずけずけと恥ずかしげもなく描いているわけだから、きっとそんなタイプの女性なのではないか……。


123456
こんな記事も読まれています

女と自由との揺らぎ──『私だってするんです』小谷真倫の探求「自分の凡庸に負けたんだ……」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

岩井ジョニ男インタビュー!

 いま「おじさん」は、かつてないほど苦境に立たされている。ズレた発言、ズレたLINE...
写真