日刊サイゾー トップ > 芸能  > 竹内涼真のグラビアは「ほくろ推し」

竹内涼真のグラビアは「ほくろ推し」!? 所属事務所が「口元以外のほくろを全消しせよ」と指令か

竹内涼真写真集『1㎜』(集英社)

 目下大ブレーク中の若手イケメン俳優・竹内涼真。ドラマや映画はもちろん、雑誌グラビアにも引っ張りだこだ。

「ちょっとナルシストが入っているタイプですが、撮影現場でも明るくて、仕事がしやすいと評判です」(雑誌編集者)

 しかし、今年10月に「女性セブン」(小学館)が、アイドルグループ「恥じらいレスキューJPN」のメンバー・里々佳との熱愛を報じると、取材の対応も少々変わったという。

「事務所サイドが多少ナーバスになったのか、撮影現場ではあまりふざけるようなこともなく、インタビューの内容も無難な雰囲気に変わりました。お灸を据えられたのかもしれないですね」(同)

 そんな竹内はイケメンを売りにしているだけあって、雑誌グラビアでの事務所からの写真修整指示も多いとのことだ。別の雑誌編集者が明かす。

「これは竹内さんに限ったことではなく、イケメン俳優ではよくあることですが、肌荒れなんかは細かい修整指示が入ります。でも、竹内さんの場合は、“ほくろ”への修整が特徴的ですね」

 竹内のトレードマークといえば、口の下にある大きなほくろだ。

「口元のほくろは、事務所としても“ウリ”にしているようで、『強調してくれ』という指示が入ることもありますね。でも、その一方で、顔にあるそれ以外のほくろは『全部消してくれ』という指示が入る。とにかく、口元のほくろに対するこだわりが強いみたいです」(同)

 竹内本人としては、口元のほくろは、あまり気に入っていないとの説も。

「本人的には、ほくろがずっとコンプレックスだったとか。デビューしてからも、メイクでほくろを消そうとしていたとのことですが、あるタイミングで事務所が“ほくろ推し”にシフトしたようです。熱愛報道なんかもあって、事務所には逆らえないだろうから、本人も甘んじてほくろ推しを受け入れているのかもしれません」(同)

 本当はほくろが嫌だったとしても、大ブレークしているのだから、結果オーライなのでは?

最終更新:2017/12/10 10:00

竹内涼真のグラビアは「ほくろ推し」!? 所属事務所が「口元以外のほくろを全消しせよ」と指令かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

吉岡里帆『時効警察』で再評価

 今クールの連続ドラマが次々と最終回を迎えて...…
写真
インタビュー

脳みそ夫が語る地下芸人時代

「日経エンタテインメント!」(日経BP社) の<好きな芸人ランキング>では17位に急...
写真