日刊サイゾー トップ > 芸能  > やくみつるに相撲界内外から批判!

好角家・やくみつるに相撲界内外から批判噴出!「めんどくさくなる」「“厄”みつるに改名しろ」

『つぶやくみつる』(自由国民社)

 大相撲に厳しく口出しする漫画家のやくみつるに“厄病神”説が飛び交っている。

「あの人に絡まれると、なんでもめんどくさい方向にいくから、大相撲は大変だよ。“厄”みつると呼ぶべき」

 こう話したのは、かつてやくがファンを公言していたプロ野球・横浜DeNAベイスターズの関係者だ。球界では、選手の好き嫌いが激しいやくに一度嫌われると、何かと漫画にしつこく描かれ、さらにワイドショーなどで批判されて大変だという認識があるという。

「昔、やくさんは嫌いだった元巨人の栄村忠広さんをホラー映画になぞらえて、背番号『666』のダミアン栄村と名付け、他人にわざわざ嫌がらせをする性格の悪い奴みたいに漫画でしつこく描いていました。そうした陰湿な嫌がらせがプロ野球関係者の間でトラウマみたいになっているんです。ベイスターズについても、DeNAがTBSから買収し、承認されたとき、やくさんは延々とDeNA批判を続け、あげく『30年来の横浜ファンだったけど、親会社が変わるまでファンをやめる』とまで宣言していました」(同)

 当時のやくは、DeNA嫌いの理由を「携帯電話向けゲームの存在自体を認めない。どれだけやっても何も得るところがない。そんな事業で儲けたあぶく銭は野球に注ぎ込んでもらわなくて結構」としていたが、さすがにこれはファンから「偏見がありすぎ」との反論も多かった。結局、やくは変わらずベイスターズファンを続けているため、関係者はやくを「問題を炎上させただけの厄病神」としている。

 同じようなことは、複数の角界関係者も話している。

「日馬富士が問題を起こしたのは確かだけど、詳細もわかっていない一報の時点で『引退すべき』と言ったのがやくさん。それで暴行問題が引退ありきの話になって広がった」

「あの人は極端な懐古主義なので、昔からモンゴル人力士が大嫌い。朝青龍の問題のときも連日、旭鷲山の情報を鵜呑みにして伝えていたテレビ朝日の情報番組で、毎日のように叩いていた。その矛先がいま白鵬、日馬富士になっている」


12
こんな記事も読まれています

好角家・やくみつるに相撲界内外から批判噴出!「めんどくさくなる」「“厄”みつるに改名しろ」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

瓜田『若おかみは小学生』を見て怒る

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士(38)が森羅万象を批評する不定期連載。今回の...
写真