イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真

特集

元貴乃花親方ファミリーがお騒がせ中!

元貴乃花親方と景子さんは離婚、優一はパワハラ騒動…一体どうなってるの!?
写真

人気連載

瓜田純士『ゴッドカウンセラー』って!?

自らを神と名乗る瓜田純士(39)が、 YouTu...…
写真

ドラマレビュー

錦戸亮『トレース』は“胸キュン”ドラマ!?

 2019年1発目の月9ドラマ、『トレース~科捜研の男~』(フジテレビ系)が1月7日...…
写真


 >  >   > “雅子妃 vs 紀子妃”の壮絶バトル!?
週刊誌スクープ大賞

皇室に風雲急──“雅子妃 vs 紀子妃”の壮絶バトルが始まる!?「お気持ちが否応なく高ぶるのは必定」

「週刊文春」(1/18号、文藝春秋)

今週の注目記事・第1位
「フジ秋元優里アナ『荒野のW不倫』」(「週刊文春」1/18号)

同・第2位
「『紀子妃』の恍惚とジェラシー」(「週刊新潮」1/18号)

同・第3位
「本田圭佑『代表復帰』より熱心な『謎のセミナー』勧誘熱弁」(「週刊ポスト」1/26号)

同・第4位
「裁判も辞さず! 貴乃花親方の『胸中』」(「フライデー」1/26号)

同・第5位
「禁止薬物も混入したカヌー日本代表候補の『悔恨』」(「フライデー」1/26号)

同・第6位
「安倍官邸は天皇陛下が大嫌い」(「週刊現代」1/27号)

同・第7位
「老けない『最強魚』」(「週刊文春」1/18号)

同・第8位
「『Amazon』依存社会」(「週刊現代」1/27号)

同・第9位
「『上方落語の大御所』が語った『昼下がりの情事』」(「週刊新潮」1/18号)

同・第10位
「えっ!? 『河野太郎政権』誕生へ」(「週刊ポスト」1/26号)

同・第11位
「奇跡の健康食『納豆』大研究」(「週刊現代」1/27号)

同・第12位
「あなたはまだ『滋賀県』を知らない」(「週刊新潮」1/18号)

【巻末付録】現代とポストのSEXYグラビアの勝者はどっちだ!

 このところ、文春も新潮も健康雑誌になったかのようである。新潮が、こうした企画をやり始めたきっかけは「誤嚥性肺炎」の記事だったという。

 部数もそうだろうが、大きな反響があって、編集部がびっくりしたという。

 それはそうだろう。昔から「40過ぎたら週刊新潮」とテレビコマーシャルでもいっていたが、それから幾星霜。

 今では「高齢者になったら週刊新潮」とでも連呼するのだろう。どの週刊誌も読者の大半は60代以上であろう。

 私もこの頃、誤嚥をしそうになって、あわてて食べたものを吐き出す(汚くてごめんなさい)ことがある。

 誤嚥しないためには犬食いがいいと、新潮だかに書いてあった。

 そうしたことに気をつけ、長生きするには滋賀県がいいと、新潮さんはおっしゃる。

 鮒ずしは私の大好物だが、これは琵琶湖の名物。

 その滋賀県が、新潮によると、5年ぶりに発表した厚労省の都道府県別平均寿命で、男性が1990年からトップだった長野県を抜き、1位に躍り出たそうだ。

 女性は4位だが、トップの長野とは僅差。やはり、鮒ずしはいいようだ。

「高齢者が弱ってしまうのは多くの場合、タンパク質が不足しているため。鮒ずしは乳酸菌や善玉菌が多いうえ、年をとると不足しがちなタンパク質も賄える健康食品なんです」(東京医科歯科大・藤田紘一郎名誉教授)

 鮒ずしはお茶漬けにしてもおいしいが、高いのでそうそう滋賀の人も食べられない。

 だが、アユやモロコ、アワビなど琵琶湖の恵みがある。川魚も豊富。野菜をよく食べ、喫煙率が低く、塩分控えめで、健康に対する意識も高い。

 これで長生きしなければ、というほど、滋賀県の人たちは元気なようだ。何しろ400人の集落に100歳が2人、90歳以上が10人超いるという。

 早速、鮒ずしを宅急便で頼もうと思ったが、う~ん、高い。

123456
こんな記事も読まれています

皇室に風雲急──“雅子妃 vs 紀子妃”の壮絶バトルが始まる!?「お気持ちが否応なく高ぶるのは必定」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、サイゾーでしか読めないジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。ドラマレビュー/インタビューなどサブカルチャーネタや中韓など海外/社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

サイゾーレビューすべて見る

家売るオンナの逆襲

日本テレビ/水曜22:00~

第2期は、家売るオトコ・松田翔太が登場

家売るオンナの逆襲