日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > クロちゃんの理想の相手はキャバ嬢

クロちゃんの厳しすぎる「結婚相手5カ条」は“公開プロポーズ”だった!? 完全合致するキャバ嬢の意外な素性とは

安田大サーカス・クロちゃんの公式Twitter(@kurochan96wawa)より

 お笑いトリオ・安田大サーカスのクロちゃんが先ごろSNSで公開し、話題になった「結婚相手5カ条」。「車の運転が出来る」「パソコンが使える」「年収800万以上」「20~23歳」「鬼ギャル」と書かれたボードの横で、両手でハートマークを作るクロちゃんの姿には「理想が高すぎる!」「無理だろ!」といったコメントが数多く寄せられたが、クロちゃんを知る飲食店従業員によると、「あるキャバクラに、クロちゃんの5カ条に合致する子がいた」という。これが本当なら、クロちゃんの条件公開は個人的な“公開プロポーズ”ともいえる行動だったことになる。

「以前、クロちゃんが何度も指名して熱を上げていたキャバ嬢がいるんですけど、その子が、ちょうど、公称年齢22歳。ドライブとパソコンが趣味で、『年収が一番低かったときで800万円』という人気の“鬼ギャル”なんです。美人ですが、ツンデレなタイプ。俳優の綾野剛にも連絡先を渡されたことがあると話していましたよ」(前出従業員)

 クロちゃんといえば、キャバクラ大好き芸人として知られる。六本木や歌舞伎町でも頻繁に店への出入りが目撃され、千葉テレビの番組関係者が「ロケ後にすぐ近くのキャバクラに直行していた」と暴露したこともある。アンガールズの田中卓志にも過去「親の仕送りでキャバクラに行って、しかも割引チケットで散々割引させて、45分でキャバ嬢の電話番号だけ持って帰る。女の子には『お金がかかる』と酒を一切飲ませない」と、ドケチな遊び方を明かされたこともある。

 また、アロマコーディネーターの資格を取って女性を興奮させるアロマを精製してキャバクラで使った結果、女性が体調不良になって店を出入り禁止になったという伝説まである。

 そのあたり、クロちゃんとキャバクラに行ったことがあるという若手芸人に話を聞くと「延長すると総額が高くなるので、最初45分の格安セット料金だけで店をハシゴするのは貧乏芸人が必ずやることですけど、クロちゃんの場合はお金があってもそうする」という。

「地方ロケでは、現地から一番近いキャバクラを調べておいて、収録後に直行。店内では初対面の女の子にも平気で触ったりするセクハラ癖もあって『いつかトラブルになる』なんて言う先輩芸人もいますね」(同)

 とても本気で結婚しようとしているようには見えないクロちゃんだが、わざわざ結婚条件としてアピールするほど目当ての女性がいるというのは興味深い。ただ、その女性、前出の飲食店従業員が言うには、なんと「既婚者」だというのだ。

「ほとんどのお客さんは知らないでしょうが、その子は自称22歳ですが、実際は26歳で、同じ夜の世界で働く夫がいます。どんなに入れ込んでも、彼女を口説き落とすことは無理だと思いますよ」

 これらの話が事実なら、ある意味、本人より先に失恋を知った形になってしまったが、日々キャバクラを渡り歩くクロちゃんだけに、こんな話ぐらいで落ち込むことはないだろう。目当ての女性が既婚者だと分かれば、すぐにでも結婚条件のタイプを変える可能性もある。

 いずれにせよ、懲りずに別の鬼ギャルを追っかけ始めるクロちゃんの姿が思い浮かぶ。
(文=藤堂香貴/NEWSIDER Tokyo)

最終更新:2018/03/28 10:00
こんな記事も読まれています

クロちゃんの厳しすぎる「結婚相手5カ条」は“公開プロポーズ”だった!? 完全合致するキャバ嬢の意外な素性とはのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

バラいろダンディで広告離れ露呈

 2014年4月から“オトナの夜のワイドショ...…
写真
インタビュー

白石和彌監督が語る、若松孝二の遺産

 珠玉の青春映画が誕生した。門脇麦主演作『止められるか、俺たちを』は、インディーズ映...
写真