日刊サイゾー トップ > 芸能  > 叶姉妹に見る“プロ意識”

キューティーハニーの叶姉妹「永井豪と3人ショット使って」通達に見た“プロ意識”

叶姉妹のインスタグラム(@kano_sisters007)より

 タレントの叶姉妹が、3月24日に開幕した東京ビッグサイトでのアニメイベント『AnimeJapan 2018』のステージに出演。人気アニメ『キューティーハニー』のコスプレで登場して、以前からファンだったという原作者の漫画家・永井豪を喜ばせた。実はここで、関係者から報道陣にこっそり“ある通達”があった。

「叶姉妹の写真を掲載するとき、2人だけではなく、永井さんとの3人のショットを使うようお願いします」

 壇上で叶美香はキューティーハニー、叶恭子はその敵役であるシスタージルのコスプレで登場した。2人の豊満なボディは、まさにセクシーなオリジナルキャラの実写再現にハマっていて、永井が左右からダブルキスされた瞬間は、関係者の注文がなくとも、お約束の“決定的瞬間”だった。しかし、そこに念を入れて関係者が「3人ショット」をお願いした理由については、現場でこんな話が聞かれた。

「関係者に聞いたら、恭子さんご本人がお肌の写りを気にされているということでした。最近はアップの接写になると、加齢を感じさせるところもある、ということでしょう」(芸能カメラマン)

 ただ、叶姉妹のまばゆいばかりのゴージャスさは見た目には相変わらずで、記者間でも「劣化した」などというネガティブな声はなかった。

「むしろ恭子さんのプロ意識が高いんだと思いますね。彼女は年齢非公表ですが、50代半ばともいわれるところから察すれば、セクシーコスプレにも限界を感じておかしくないはず。見る側は違和感がなくても、ご本人の美意識は高いので、最近は美香さんに注目が集まるよう気遣うこともあります」

 実際、イベントでも永井から「力強い女性キャラクター」の話題を振られた際、恭子は「強さとは優しさや母性で、いつも私を守ってくれる美香さんこそ強い女性」と“最強”の座を譲っていた。

 今年2月、叶姉妹がリリースした写真集『Melting II Precious Morning』(光文社)も、恭子がカメラマンとなって、美香を撮り下ろしたものだった。その発売記念イベントで2人はピンクのセクシードレスを着て登場したが、恭子はサングラスをかけたままで、以前より控えめな姿勢を取っているように見えた。

「それでもセクシー路線に大きな変更はないのですから、大したものです。彼女たちは我々マスコミへの接し方も柔らかいので評判も良くて、僕らカメラマンも、できるだけキレイに撮ってあげようって思いますよ。恭子さんには安心して堂々活動してほしいですね」(前出カメラマン)

 ただ、関係者がスリーショットの掲載をお願いした理由には、別の説もある。叶姉妹が表向き「お肌の写り」を理由にしながらも、永井に敬意を表して、自分たちだけの写真にならないよう配慮したというものだ。

 それが事実かはわからないが、周囲に気を配り続ける叶姉妹だからこそ、それが真実のようにも思えるのである。
(文=片岡亮/NEWSIDER Tokyo)

最終更新:2018/03/29 17:00
こんな記事も読まれています

キューティーハニーの叶姉妹「永井豪と3人ショット使って」通達に見た“プロ意識”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

多部未華子のユーモアと愛嬌

 10月1日、”多部ちゃん”こと多部未華子が...…
写真
インタビュー

5lack×前野健太対談後編】

 5lackが、オリジナルアルバム『KESHIKI』をリリースした。これを記念し...
写真