日刊サイゾー トップ > 社会 > メディア  > 女性記者への“セクハラ”は日常茶飯事

女性記者への“セクハラ”は日常茶飯事! 自ら望んで肉弾取材も……メディア現場の「歪んだ現実」

※イメージ画像

 新潮砲、炸裂──。

 財務省の福田淳一事務次官が、女性記者を飲食店の席に頻繁に呼び出し、セクハラ発言を繰り返していたとの疑惑に波紋が広がっている。4月12日の「週刊新潮」(新潮社)が第1報、今週19日発売の同誌が、さらに第2報をブっ放した影響で、福田事務次官はついに辞任を表明した。

 同誌は独自に入手した音源をベースにスクープし、読者が赤面してしまうような破廉恥ぶりが詳細に記述されている。記事では福田氏が目黒駅に近いワインバルで女記者に向かって「キスしたいんですけど」「胸を触りたい」「何カップ?」「キスする記者にいい情報をあげよう」などと発言、女記者に対して、機微に触れる情報を提供しようとしたとしている。

「テレビ局が、若い女性記者を使って警察の捜査情報や省庁の特ダネを引っ張ってこさせるケースは、頻繁にあります。取材対象者が年配の男性である場合が多いので、あえて女性記者を取材に赴かせ、カワイがってもらって話を聞いてくるのです。実際、男性取材対象者が鼻の下を伸ばすのをいいことに、記者に“女の部分”を使わせるメディアは多いですよ。当然、セクハラ案件もたくさんあります。取材の現場は、そうした下心を上手に操って情報を聞き出す女性記者が“優秀”だとされ、セクハラを拒否する記者が“甘い”と評価される異常な世界なんです」(メディア関係者)

 今回の財務省の事務次官セクハラ問題以上に現場事情がすさまじいのが、サッカーや野球、ゴルフ、テニス、バスケットボールのようなスポーツに関係するメディアだという。

「以前は、女性記者と選手との合コンや飲み会はしょっちゅうありました。その中には、上司の命令で女性記者たちが強制的に参加させられるケースも少なくありません。マスコミ全体での働き方改革や過度な接待の減少で、今はほとんどなくなってきましたが……。自ら望んで選手と肉体関係を結んで情報を聞き出す女性記者も数多くいました。狭い世界なので、すぐにウワサが広がってバレますけどね」(同)

 2016年12月には「アサヒ芸能」(徳間書店)が、フジテレビの女性ディレクターが行っていた選手との肉弾接待をスクープ。キャバクラ嬢のような手練手管が、スポーツ界では大きな話題となった。

 正当な取材を試み、正当な権利を主張する記者が蔑ろにされる歪んだ現場。今回の騒動が、この異常事態に風穴をあけるきっかけになることを願いたい。

最終更新:2018/04/20 10:42
こんな記事も読まれています

女性記者への“セクハラ”は日常茶飯事! 自ら望んで肉弾取材も……メディア現場の「歪んだ現実」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

バラいろダンディで広告離れ露呈

 2014年4月から“オトナの夜のワイドショ...…
写真
インタビュー

謎の集団「ケケノコ族」を直撃

 1980年代に原宿の歩行者天国で一世を風靡した「竹の子族」からインスパイアされ、...
写真