日刊サイゾー トップ > 芸能  > キンタロー。が大炎上でも冷静なワケ

欅坂46・平手友梨奈のモノマネで大炎上のキンタロー。が「冷静さを保てる」ワケとは?

キンタロー。オフィシャルブログより

 女性お笑い芸人のキンタロー。が、人気アイドルグループ・欅坂46のメンバー、平手友梨奈のモノマネをテレビ番組で披露。これにネット上でクレームが殺到した。

 先日放送された特番『爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル』(フジテレビ系)に出演し、くだんのネタを披露したキンタロー。は、ほかの女性芸人らとグループを組んでパフォーマンスを行ったが、これを欅坂46の熱心なファンが問題視。インターネット上での批判はもちろん、キンタロー。の報告では所属する松竹芸能にまでクレームの電話が入ったというのだから、穏やかではない。

 本人は「罵詈雑言が届いてます」と公式ブログで明かし「悪意なんて一切ない」と主張した。

「今のご時世、ちょっと印象深いことを表現しようものなら、たちまち批判の対象となる。中には、テレビ局やスポンサーにまでクレームを入れるタチの悪い輩もおり、それを恐れて芸人自体も萎縮せざるを得ないことが多くなっている」(お笑い関係者)

 キンタロー。にとっては、ブレークするきっかけとなった元AKB48の前田敦子に続く“2度目”の炎上。それでも、冷静さを保っているようだ。

「炎上の規模から言えば正直、前田敦子の時の方がすごかったですからね。本人もまだ駆け出しの頃ですし、前田のネタしか武器がなかったけど、今は社交ダンスはもちろん、ほかのモノマネのクオリティも総じて高いので、制作スタッフのウケはいい。騒ぎをうまく沈静化させることは大事ですが、大騒ぎになっても冷静な対応をしているのは、これまでの経験で免疫がつき、仕事相手の信頼を勝ち得ていると判断しているからだと思いますよ」(同)

 AKB48に比べれば、メンバー個々の世間一般の知名度は坂道グループの方が劣るとみる向きは強い。それだけに、キンタロー。のモノマネは本来ならば“歓迎”されてもいいはずだが……。

最終更新:2018/05/16 22:00
こんな記事も読まれています

欅坂46・平手友梨奈のモノマネで大炎上のキンタロー。が「冷静さを保てる」ワケとは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

前澤氏は脅迫トラブルを説明すべき

今週の注目記事・第1位「剛力彩芽破局の裏で前澤...…
写真
インタビュー

話題の“伝説の不良”の素顔

 平成最後の年の暮れ。『歌舞伎町 阿弥陀如来』という自らの半生を綴った著作を刊行し、...
写真