日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > キンタロー。の心配性に関係者苦笑

キンタロー。の“朝帰り心配性”に業界関係者が苦笑い「夫は気の毒だね……」

キンタロー。オフィシャルブログより

 人気アイドルグループ・欅坂46の平手友梨奈の“モノマネ”を巡ってネット上で炎上したばかりの、お笑いタレントのキンタロー。今度は自身の“夫”の行動を疑問視、これが火をつけかねない状況だという。

 27日の公式ブログで夫の“朝帰り”に触れたキンタロー。は冒頭から「ショック!嫌なんです!!」とバッサリ。朝6時台に更新したエントリーでは、結婚から2年が経過しても「これをやられると怖くなる」「これってメンヘラでしょうか」と綴った。

 どうやら過去に交際した男性から浮気されたことがトラウマになっているようだが、最後には「強いショックをうけています」「共感してくれる方は24時間大募集だお(☆∀☆)!意見お待ちしております」と締めくくっている。

 キンタロー。の夫はテレビ制作会社勤務のスタッフで、いわゆる“職場婚”であることは知られており、2017年11月にはバラエティ番組に出演した夫が、キンタロー。から「僕の行動をGPSで調べられている」と告白するなど、束縛が強いことを明かしていた。そんな彼女にお笑い関係者からは「夫は気の毒だね」と同情の声が上がっている。

「近年は働き方改革でテレビ制作の現場も労働時間が厳しく『ADは早く帰るように』というのが大きな流れ。その分、ディレクターに負担がかなりかかっています。さらに、人材不足も深刻化しており、簡単に補充もできない。同じ現場で働いているなら、彼女ももう少し配慮してあげたらいいのにとは思う」(同)

 また“束縛ネタ”も何度も世間に公表すれば「わざと鬼嫁枠を狙っているのかと、言われかねない。あまり得策ではないと思いますが……」(同)と話す。

 もっとも、やり手のテレビ関係者に“束縛妻”の目をかいくぐる方法を聞くと「職場の後輩の女性スタッフを味方につけてアリバイ作りに協力してもらうこと。これに尽きると思います。さらに、年に一度は女性スタッフも交えて食事や旅行に行って慰安するのも重要。お金はかかりますが、相手がGPSで監視するなら、こちらは人間を駆使して対抗するしかないと思いますよ」。

 キンタロー。の朝帰り心配性はいつまで続くのか。

最終更新:2018/05/30 16:00

キンタロー。の“朝帰り心配性”に業界関係者が苦笑い「夫は気の毒だね……」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

菅首相NHK“事実上国営放送化”でメディア掌握か

 今週の注目記事・第1位「GoToズサン運営...…
写真
インタビュー

強権的な指導者を好む若者増加

 アメリカの調査機関ピュー・リサーチ・センターによれば、世界の多くの国で軍事政権に対...
写真