日刊サイゾー トップ > カルチャー > マンガ  > 「漫画村」消滅で売上増の真相は?

真相はどっちだ? 「漫画村」の消滅で正規版の売上は増加したのか、していないのか……

※イメージ画像

 国家レベルの大騒動となった、海賊版サイト「漫画村」が消滅して2カ月余り。類似サイトが立ち上がったいう情報が幾度も流されるが、そのどれもが継続はしていないようだ。ネット上では、批判に対して煽りを繰り返していた運営側も、さすがに身の危険を感じたのか。

 そして今、この悪質なサイトの消滅により、正規の商品の売上が増えたのかどうかが注目されている。

 すでに幾人かのマンガ家からは「漫画村」の消滅後、電子版の売上が増えたことが報告されている。

「あの漫画違法転載サイト潰れてから、僕も電子版の売り上げが一気に増えていた」

「5月に出た明細みて驚愕…!「本当に印税が4~5倍になってる!」無料じゃなくても読んでくれた人いるんだ!」

 などの報告が、マンガ家からも寄せられている。ところが、こうした報告に異論を唱えるのが、マンガ家の佐藤秀峰氏。佐藤氏は、こうした売上報告に対して、否定的な発言を寄せている。

「漫画村が閲覧できなくなったのは4月上旬。一般論だけど5月に4月分の売り上げ明細は出ない。4月分の売り上げが確定するのは6月末~7月。5月に出るのは、1月か2月分じゃないかなぁ? 海賊サイトが盛り上がってた頃の。」

 つまり「漫画村」が閉鎖されてからの売上は、まだ立っていないのではないかと佐藤氏は指摘しているのである。

 これをきっかけに「漫画村」の閉鎖により、売上は向上したのか否か、その真偽が問われる事態が生まれている。中には、売上が増えたことを報告する漫画家に対して「お前のマンガは<漫画村>にあったのか」と、今となっては確認しようもないことを追求し始める人も。

 そこで、いくつかの電子版を配信するサイトの経理処理事情を運営企業に尋ねてみたが「4月分の明細は、まだ通知されていない」というところも多数。ただ、中にはそうでないところもあるという。ただ、どこもそろってこんな指摘を。

「<漫画村>の閉鎖が4月17日。となると、閉鎖の効果が出たかどうかがはっきりわかるのは5月分の売上からではないかと思うのですが……」

 果たして「漫画村」が消滅したことで、正規版を買う人は増えたのか。その実態がわかるには、もう数カ月必要なようだ。
(文=是枝了以)

最終更新:2018/06/19 22:30
こんな記事も読まれています
関連キーワード

真相はどっちだ? 「漫画村」の消滅で正規版の売上は増加したのか、していないのか……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

石田ゆり子、本当は気が強い!?

「奇跡の50歳」といわれる若さと美貌で大人気...…
写真
インタビュー

炎上弁護士が語る「殺害予告」の真実

 日本人最多とされる殺害予告を受け、6年以上に渡って誹謗中傷を受け続ける「炎上弁護士」...
写真