日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 副業継続のたかまつななに批判殺到

NHK入局も、副業をやめない“お笑いジャーナリスト”たかまつななに、局内から批判が殺到中……

たかまつななオフィシャルブログより

 ますます溝が深まり、“NHKの闇”となりつつあるようだ。

 今年4月にNHKに入局した自称“お笑いジャーナリスト”たかまつななが、規則違反を次々と犯しているとして局内から批難が殺到している。

 たかまつといえば、大学時にお笑いサークルに所属していたほか、ワタナベコメディスクールに通学。プロの芸人を目指して、『R-1ぐらんぷり』や『M-1グランプリ』にも出場。その後、大学院に通いながら、小中学校への出張授業を行う会社を起業。今年大学院を卒業し、NHKに入局した。

「兼業が禁止されているNHKに入った後も、自分が起こした会社に携わり、そちらの仕事を一生懸命やっているようで、問題となっています。自分のランチタイムの時間を3万円で販売しているほか、5月にはビジネス系の有料サイトに『私がNHK入社後も、副業する理由』という表題でインタビューを受けるなど、局側を刺激し続けている。局内でも『このまま野放しにしてもいいのか』『他のスタッフの士気にかかわる』と問題視されていますよ」(テレビ局関係者)

 7月10日には自身のブログで「副業のコツ」を指南。さらに、翌11日のブログではベンチャー系のラジオアプリに自ら出演していると公表し、宣伝した。

「入社時にもたかまつ側が権利を主張して、いろいろNHK側と揉めていたようで、局側から完全に呆れられていますよ。一部の上層部の怒りは相当です。入社同期とも距離を置いており、局内で浮いた存在になってしまっています。やたら自己主張と発信力の強いたかまつに、周囲も頭を抱えているようです」(同)

 本業の仕事で何も成し遂げていないだけに、周囲から反感を買っても仕方ないのかもしれない。こうなっては、NHKの仕事と自分の仕事とどっちが本業でどっちが副業かわからないが、これから両立できるのか、注目が集まる。果たして……。

最終更新:2018/07/23 19:30

NHK入局も、副業をやめない“お笑いジャーナリスト”たかまつななに、局内から批判が殺到中……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『半沢歌舞伎』これにて終幕!

第2シーズンも大ヒットとなったドラマ『半沢直樹』。最終回から“ロス”が止まらない!?
写真
人気連載

人種差別横行のハリウッドに変化

 ロブ・シュナイダーのスタンダップコメディ・...…
写真
インタビュー

ポピュリズムを誘うグロテスク戦略

 史上2番目の低投票率となる48.8%を記録した参院選を振り返る本企画。前編では、中島...
写真