日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > 社会(トンデモ)  > 中国の圧力に日系航空会社が対抗

台湾表記めぐる”圧力”にJAL&ANAが対抗! 中国政府もお手上げ?

日本航空と全日空のホームページでは「台湾」と「中国」が消え、「東亜」というエリアでまとめられている。日本語のページでも同様だ

「ひとつの中国」の原則を盾に、台湾への圧力を強めている中国。先日は、2019年8月に台湾中部で開催される予定だった国際スポーツ大会「東アジアユースゲームズ」を、政治的なリスクがあるとして中止に追い込んだばかりだが、世界各国の航空会社に対しても圧力を強めている。

 中国は4月25日、44カ国の航空会社に対し、自社ホームページの「台湾」の表記を「中国台湾」に変更するよう通達を出した。変更の期限は当初30日以内だったが、各社がすんなり従わなかったため、7月25日まで延長された。言うことを聞かなければ不利益を被ることは間違いないため、各社の苦悩ぶりがうかがえる。

 そして、とうとうその最終期限を迎えたわけだが、「ETtoday新聞雲」(26日付)などによると、多くの航空会社が圧力に屈する中、日米韓の航空会社が抵抗する姿勢を見せている。アメリカン航空、ユナイテッド航空、デルタ航空はホームページでフライトを検索する際、通常だと、たとえば出発地に「成田」と入力すると「東京(成田),日本」と自動的に表示されるが、台湾の都市については「台北」と入力しても、後ろには「台湾」が表示されなくなった。これだけ聞くと当局の圧力に屈したように思えるが、中国の地名についても同様の措置が取られている。つまり、台湾と中国は都市名しか表示されなくなったのだ。

 日本勢も負けていない。日本航空と全日本空輸のホームページでは、台湾と中国については、タブからエリアを選択する際の国名を削除。「東アジア(東亜)」という地域でのくくりにし、その中に台湾の都市も含めている。大韓航空も同様だが、「東北アジア」という名称にしている。

 台湾と中国を同列に扱うという意味では、これらの措置は妥協だが、台湾のネット民からは「民間企業のほうが行政より賢い」と一定の評価を得ている。さらに「世界に台湾が中国の一部だと思わせてはならない」「自分が航空会社の会長なら、絶対中国には飛行機を飛ばさない」など中国への非難が目立った。また、「東アジア」というくくりに対し「まさに大東亜共栄圏の復活」と絶賛するコメントまであった。

 日米韓の航空会社の対応に対し、中国当局はまだコメントを発表していないが、これで納得するかは疑問だ。中国の台湾への圧力は日に日に強まっているが、企業にはそれに屈せず、頑張ってほしいものだ。

(文=中山介石)

最終更新:2018/07/31 21:00
こんな記事も読まれています
関連キーワード

台湾表記めぐる”圧力”にJAL&ANAが対抗! 中国政府もお手上げ?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

超絶ストイックな『クマ撃ちの女』

 毎年この時期になると、たびたび報じられる「...…
写真
インタビュー

『カニバ』佐川一政が再会を願う女優

 パリ人肉事件を起こした佐川一政の近況を追ったドキュメンタリー映画『カニバ/パリ人肉...
写真