処女膜が破れた子も……教え子8人に性的イタズラの陰獣教師、行為後に数十円の口止め料

教え子に性的イタズラを繰り返した男性教師

 中国の田舎町で、またもや男性教師による教え子へのわいせつ行為が発覚した。しかも今回は、複数の女児が長期にわたって被害を受けており、そのうち2人は検査の結果、処女膜が破れていたという。

 雲南省の山間部にある村で、小学校の男性教師(56歳)が教え子に対してわいせつ行為をしていると警察に通報があった。警察が捜査したところ、男は毎週のように女児たちを4階の空き教室に呼び出し、体を触るなどしていたという。

 イタズラが終わると、男は女児たちに2~10元(約35~170円)の“口止め料”を渡し、このことを絶対に親に言わないよう警告していたという。

 男は長期間にわたって計8人にこうした行為を繰り返しており、事件発覚後、被害に遭った女児たちが病院で検査を受けたところ、うち2人は処女膜が破れていた。

「先生が、私のおしっこをするところを触ってきたの。すごく痛かった」と話す8歳の女児の処女膜は断裂し、陰部はうっ血していたという。

警察の車を取り囲んで陳情する村人たち

 これに怒った女児の家族らが警察の車両を取り囲み、事件の早期解決と、この男への厳罰を訴えるという事態にまで発展。これを受け、男は逮捕、現在警察の取り調べが続いている。

 北京や上海などの大都会に比べ、僻地の農村の教育環境は大幅に遅れているといわれる。その上、聖域であるべき学校にこんな陰獣教師が潜んでいたのでは、村の子どもたちは救われない。

(文=佐久間賢三)

最終更新:2018/08/01 18:00
こんな記事も読まれています
関連キーワード

処女膜が破れた子も……教え子8人に性的イタズラの陰獣教師、行為後に数十円の口止め料のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

アインシュタイン稲田、今後の課題

 今回取り上げるのは“稲ちゃん”こと、アイン...…
写真
インタビュー

瓜田純士が逃走犯をプロファイリング

 大阪府警富田林署の面会室から脱走した樋田淳也容疑者(30)が、1週間以上たった現在も...
写真