日刊サイゾー トップ > 社会 > 海外  > 北朝鮮版「ペヤング」を作ってみた!
北朝鮮版「ペヤング」を作ってみた

ぬるま湯を入れて50分!? 北朝鮮版「ペヤング」を作ってみた!

「速成 モチモチうどん 牛肉味」

 南北融和や米朝首脳会談で世界に門戸を開く可能性が出てきた北朝鮮だが、厳しい国連制裁は継続中だ。そのため、「なんでも自国で作っちゃおう」という精神で独自の進化を遂げた商品が生まれつつある。つい最近、新発売された「モチモチうどん」も、そのひとつだ。

「速成 モチモチうどん 牛肉味」は、玉流食料加工作業所が製造。パッケージに住所はないが、市外局番は「02」なので、作業所は平壌にあるようだ。常温保存が可能だが、賞味期限はわずか2カ月と短い。

完成度の低い容器

 ペヤングのような長方形の容器に入っているが、容器の底あたりがすでに割れている。「北朝鮮のプラスチックは非常にもろい。長距離移動には適してない」(民間研究者)といい、まずはテープで補強する作業を強いられた。

 フタを開けると「チーズかまぼこ」のような見た目の、一直線の乾めんが等間隔で並んでいる。そのほか、中国のカップめんのようなスパイシーな香りがする薬味、調味料入りの油が小袋に入っている。全然ペヤングっぽくない。

つまみの乾き物みたいな中身

 パッケージの作り方を見ると「冷たい水を注いで5分たった後、水を捨ててください」とあり、いきなり独自路線を突っ走る。書いてある通りに水を入れて5分、テープで補強はしたが、隙間から水漏れする中、わずかに、めんがほぐれたように見える。


12
関連キーワード

ぬるま湯を入れて50分!? 北朝鮮版「ペヤング」を作ってみた!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

戸田恵梨香、イケメン俳優と密会

 令和初となるNHK朝の連続テレビ小説『スカ...…
写真
インタビュー

ダイアン、東京進出のきっかけは…

 今年4月、芸歴18年目にして念願の東京進出を果たしたダイアン。同期には、キングコン...
写真