日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 『ゼロ』”そのまんま”手越登場

イケメンの人口呼吸からの”そのまんま”手越祐也!『ゼロ 一獲千金ゲーム』第5話はすべてがファンの期待通り

日本テレビ『ゼロ 一獲千金ゲーム』

『ゼロ 一獲千金ゲーム』(日本テレビ系)の第5話が8月12日に放送された。なんだかんだ、このドラマはNEWSのファンや女性視聴者を喜ばすべき。そういう意味で、今回は視聴者のニーズにとてつもなく忠実だった。

■「敵が味方になる」と「バカは優しい」というテンプレ

 第5話には、あまりにもなテンプレが複数配されていた。貶しているのではない。そのテンプレが、多くの視聴者を喜ばせたのだから。

 1つ目のテンプレは、「敵役がだんだんと“いいヤツ”になり、仲間になっていく」というもの。本業が学習塾講師のゼロ(加藤シゲアキ)は、自分に殺意がある末崎セイギ(間宮祥太朗)から主導権を奪うため、セイギの兄・さくら(ケンドーコバヤシ)に自力で問題を解かせようと奮闘した。水槽で溺死寸前になりつつ、即席で算数の講義を行うゼロ。一度は二等辺三角形の角度について理解したさくらだったが……

さくら 「さっきから思ってたんだけど、そもそもなんであの角、36度なんだ?」

ゼロ 「えっ……!?(絶句)」

セイギ 「おいおい、それはさっき理解したんじゃなかったのか?」

さくら 「忘れた」

ゼロ 「(だめだ、元の木阿弥。しょせん、付け焼き刃!)」

 さくら相手の算数の講義は意味を成さなかった。でも、「バカは優しい」と昔から相場が決まっている。これもテンプレの1つだ。バカだけど、悪いヤツじゃないさくら。溺死しそうなゼロを救うべく、失格を顧みずに水槽を壊そうとしたのだ。

「先生を助けんだよ! 金と命、どっちが大切かそんなこともわかんねえのか!」(さくら)

 バカだけど、熱くて優しい。ゼロたちを拉致ろうとした数日前がウソのようだ。というか、いつの間にゼロのことを「先生」と呼んでいるのか……。

123

イケメンの人口呼吸からの”そのまんま”手越祐也!『ゼロ 一獲千金ゲーム』第5話はすべてがファンの期待通りのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

冬ドラマに注目!

フジ月9、2作連続で好調の日テレ水10、方向転換?のTBS火10……冬ドラマ特集
写真
人気連載

紅白が“高齢者切り捨て”で迎えた断末魔…

 例年、日本テレビ系の裏番組『ダウンタウンの...…
写真
インタビュー

藤井隆が語る角川映画の真髄

 70年代~80年代。日本のエンターテイメントを牽引し続けた角川映画。その中心にいた...
写真