日刊サイゾー トップ > 海外 > 社会(トンデモ)  > 甘党の強盗、”裏メニュー”を要求
つい食べたくなっちゃって…

米「クリスピー・クリーム・ドーナッツ」に押し入った甘党の強盗、”裏メニュー”を要求!

ドーナッツ目的で強盗に押し入った男

 砂糖には覚せい剤やコカインよりも強い依存性があるといわれているが、犯人の男もまた、砂糖の甘い誘惑のとりこだったのだろうか?

 米「マイアミ・ヘラルド」などによると、8月24日、フロリダ州ゲインズビルのドーナッツ店「クリスピー・クリーム」に強盗が押し入った。カウンターにいた女性店員に対し、レジの中の現金とともに男が要求したのは、なんとドーナッツだった。風変わりな強盗に耳を疑った女性店員は別の女性店員を呼び、彼女が男の要求を聞き返したという。

 本物の強盗であることを認識した彼女たちは店の奥にいた男性店員に助けを求め、男は店を出たところで取り押さえられ、通報を受けて駆けつけた警察によって逮捕された。

 ちなみに男が要求したドーナッツは、通常のメニューにない特別な商品だったという。具体的にどのような商品だったのかは明らかにされていないが、男が強盗してまで欲しかったドーナッツについて、ネット上ではドーナッツフリークたちによる臆測が飛び交っている。

 米著名グルメブロガーのルイサ・チュー氏は、自身もファンだというある裏メニューこそ、男の目当てだったのではと推測する。

米甘党の間で広がる秘密のレシピ「クリスピー・クリーム・バーガー」

 その裏メニューとは、フレーバーがつけられる前のプレーンドーナッツだという。チュー氏によると、プレーンドーナッツが揚げたての頃を見計らって店を訪ね、シロップを好きなだけつけて食べるのだという。

 またある者は、「クリスピー・クリーム・バーガー」だったと推測する。これはハンバーガーのバンズの代わりに同店のシュガードーナッツでパティを挟んだもの。しかし、同チェーンが販売しているのではなく、クリスピー・クリームのファンの間で“秘密のレシピ”として広がっている。

 ドーナッツの誘惑に負けてしまった甘党の強盗犯だが、司法による裁きは甘くなく、現在、強盗の罪で収監されている。しばらくは、ドーナッツを自由にむさぼることもできないだろう。

最終更新:2018/09/04 18:00
関連キーワード

米「クリスピー・クリーム・ドーナッツ」に押し入った甘党の強盗、”裏メニュー”を要求!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

【ネットフリックス】アメリカの人種差別

「時代を代弁する”俺たちの”コメディアンの登...…
写真
インタビュー

コロナ以後の里山資本主義

『デフレの正体』(角川oneテーマ21/2010年)、『里山資本主義』(NHK広島取...
写真