日刊サイゾー トップ > スポーツ  > 池谷幸雄、塚原夫妻批判でブーメラン!

「体操パワハラ問題」終了で消えた池谷幸雄、「ただの軽薄なお調子者」と業界人が失笑する“存在の耐えられない軽さ”

池谷幸雄公式ブログより

「結局、彼が軽薄なお調子者だということが、あらためて浮き彫りになっただけでしたね(笑)」

 そう番組ディレクターが語るのは、体操五輪銀メダリスト・池谷幸雄のことである。

 リオ五輪代表の宮川紗江選手による、日本体操協会の塚原千恵子強化本部長と、その夫・塚原光男副会長のパワハラ告発が大きな話題となり、池谷は8月末~9月、ワイドショーや情報番組のコメンテーターとして引っ張りだことなっていた。

「吉澤ひとみの飲酒ひき逃げ事件、貴乃花の引退騒動ですっかり体操の話題は消し飛んでしまい、池谷にお呼びがかかることもなくなってしまいました」(同)

 現在、池谷に代わって人気(?)コメンテーターとなっているのは、過激な相撲協会批判を展開する貴闘力。「正直な話、オレがクビになる時に理事全員いる前で『お前、協会に不利益になること言ったら子どもが相撲取り入るんだから、ちゃんと静かにしておけよ』って言われて。それで今まであんまり言わないでじっと我慢していた」という暴露話はインパクト十分で人気も納得だが、池谷の塚原批判もすさまじかった。

「特に池谷の熱が入ったのは、塚原夫妻による有力選手の引き抜き疑惑。『人としてやっちゃいけない』といった激しい人格否定から、『永久追放にすべき』とまで言い放ち、育てた選手をさらわれる指導者の苦悩を隠そうとせず、引き抜きをしたことはないという塚原夫妻の話を『よくウソばっかり言えるな』と断罪していました」(テレビ雑誌記者)

 坂上忍の『バイキング』(フジテレビ系)をはじめとするメディア、さらに世論が塚原擁護に傾き始めても、池谷の舌鋒が衰えることがなかった。しかし、久々に注目されることとなり、池谷が隠したかった過去もあぶり出されることとなってしまったのは、彼にとっては誤算だったことだろう。

「2015年、青森で行われた東日本ジュニア選手権に自身の体操クラブの引率者として参加した池谷は、会場でりんごのPRを行う『ミスりんご』のOG女性にしつこく迫った上、子どもたちの競技中に彼女の尻を触るといった行為を繰り返したといいます。それこそ永久追放になってもおかしくない不祥事でしたが、影響力のある元スター選手ということで体操協会は池谷をかばい、大ごとにしなかった。だからこそ、今も体操倶楽部を続けていられるわけですが、その恩をあだで返す協会批判に、眉をしかめる関係者は非常に多いんです」(体操関係者)

 人のパワハラを責められるような人物なのか、という声が上がるのも当然だろう。

「88年のソウル五輪、92年のバルセロナ五輪で銀メダルや銅メダルを獲得したまではよかったですが、その後のタレント活動はスキャンダル続きで、実績らしい実績は何もありませんからね」(芸能リポーター)

12

「体操パワハラ問題」終了で消えた池谷幸雄、「ただの軽薄なお調子者」と業界人が失笑する“存在の耐えられない軽さ”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

菅内閣が目指す「恐怖政治」「警察国家」

今週の注目記事・第1位「コロナワクチンを娘や...…
写真
インタビュー

『i 新聞記者』森達也がぶっちゃけ

 国境なき記者団が発表する世界180カ国・地域を対象とした「報道の自由度ランキング」...
写真