日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > 社会(トンデモ)  > ドS富豪息子が売春婦を殺害
金持ちはやりたい放題!? 

ロシアで複数の売春婦を殺傷した「ドS富豪息子」、父親のコネで実刑回避か?

アンドレイ・デメンコフ容疑者。現在もシャバにいる。

 9月、ロシア西部のサンクトペテルブルクにある高級アパートの浴槽で、21歳の美女が全裸遺体で発見された。遺体には鈍器で100回以上殴られた痕があり、そのうちこめかみへの一撃が直接の死因だったとみられる。また、体内からは大量の水を飲んだ形跡が見つかっており、生前「水責め」にされていた可能性もある。

 英紙「ザ・サン」などによると、被害者はオルガ・クロドヴァさん。彼女は春をひさぐ一方で、ポルノ女優としても活動していた。この日は、「愛する人に会いに行く」と親戚に話していたという。その愛する人とは、このアパートの住人であるアンドレイ・デメンコフ(32)を指していたとみられ、警察はこの男を殺人容疑で指名手配しているが、現在までのところ逮捕には至っていない。

 デメンコフにはサディズム的な性的嗜好があったようで、7月にも女性に対する暴行事件を起こしている。被害者女性は4日間拘束され、繰り返し暴行を受けていたという。その後、デメンコフは身柄を拘束されたが、保護観察処分となり、実刑を回避している。このほかにも4人の売春婦に、それぞれ重軽傷を負わせた疑いもあるという。

 デメンコフは、天然ガスを独占するガスプロムの元重役。さらに、彼の父は元警察官で、ビジネス界に身を移したのち、大物となった人物として知られている。

 凶悪事件を犯しながら、デメンコフが実刑を逃れることができたのは、こうした経済力を武器に、被害者らに高額な示談金を用意したためとみられている。

 また、父親は政財界に人脈を張り巡らせており、その名刺には「複雑な問題も解決します」と書かれているという。

 ロシアのネット上では、デメンコフが連続傷害事件を起こしながら実刑を回避していることや、殺人を犯しても逃げおおせている現状の裏には、父親の力添えがあるのではないかと勘繰る声もある。

 ちなみに殺害されたクロドヴァさんは今年初めに男の子を出産したばかりだったといい、さぞかし無念だったことだろう。鬼畜殺人犯に正義の鉄槌が下ることを期待したい。 

 

最終更新:2018/10/05 14:00
こんな記事も読まれています
関連キーワード

ロシアで複数の売春婦を殺傷した「ドS富豪息子」、父親のコネで実刑回避か?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

多部未華子のユーモアと愛嬌

 10月1日、”多部ちゃん”こと多部未華子が...…
写真
インタビュー

ゲキメーションの旗手登場!

 デジタル化の進む現代社会において、アナログ感たっぷりな新しい恐怖の扉が開いた。京都...
写真