日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > エロ  > 憧れの「機上SEX」が400ドルで!?

憧れの「機上セックス」が400ドルで!? 米航空会社の”知る人ぞ知る”画期的サービス

小型機の機内には、マイル・ハイ・クラブのフライト向けに特別な内装が施されて(写真はラブ・クラウドのHPより。以下同)

 上空約1万メートルの機内でセックスすることを、英語では「マイル・ハイ・クラブに入会する」という。これは何マイル(1マイルは約1,600メートル)もの上空(ハイ)でイタすことから来ており、当サイトでもこれまで何度かこの件についてお伝えしてきた(参照記事123

 中には座席の上で一戦交えてしまう猛者もいるが、狭い機内、人知れずセックスできるところといえばトイレの中くらいしかない。

 しかも、それがバレると、アメリカなどでは場合によっては着陸後に待ち受けていた警察に逮捕されることもあるというから、かなりリスキーな“火遊び”でもある。それでも、マイル・ハイ・クラブ会員の称号を望む者は後を絶たない。

 そんな中、オハイオ州シンシナティ郊外の空港に拠点を持つフラミンゴ・エアと、ラスベガスにある航空会社ラブ・クラウドには、合法的に、しかも快適な空間で機内セックスを楽しめる特別なフライトプランがあると、イギリスのタブロイド紙「ザ・サン」が報じた。

カップルだけではなく、3Pや4Pでの利用も受け付けている
ベッドの上には、さまざまな体位を楽しむために使える枕やクッションも

 それによると、料金は400~1,400ドル(約4万5,000~16万円)で、料金によって飛行時間が45~90分と変わってくるという。

 使用されるのは小型飛行機で、機内には赤いサテンのシート、機内の横幅をいっぱいに使った大きなベッドが設置されていて、フライト中はチョコレートやシャンパンだけではなく、フルコースディナーを楽しむこともできる。

 もちろん、フライト中のセックスもOK。というか、そのための特別フライトプランである。

 しかも、プライバシー対策も完璧で、フライト中、コックピットのパイロットはヘッドフォンをしているため、客席の音(と声)は聞こえず、コックピットと客席の間にはカーテンが引かれて見えないようになっている。

 実は、フラミンゴ・エアでは28年も前からこのサービスを行っており、多い日には8組もの予約が入ることもあり、しかもその多くは女性が入れてくるのだという。

 アメリカ旅行を考えているカップルは、このセックスフライトサービスも旅行プランに入れてみてはいかがだろうか。ただし、高い空の上だけに“昇天”するのが早くならないよう、ご注意を。

最終更新:2018/10/16 18:00
こんな記事も読まれています

憧れの「機上セックス」が400ドルで!? 米航空会社の”知る人ぞ知る”画期的サービスのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

瓜田『若おかみは小学生』を見て怒る

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士(38)が森羅万象を批評する不定期連載。今回の...
写真