日刊サイゾー トップ > 社会  > 入試不正発覚の医大で“献体拒否”

「入試不正」続々発覚の医大で“献体拒否”続出! 関係者の悲鳴が……

※イメージ画像

 大学医学部の不正入試が相次いで発覚し、各方面から怒りの声が上がる中、関東地方の某医大では、献体の拒否が相次いで発生。医大関係者が頭を抱えている。

 献体とは、解剖の教育や研究に役立てるために、遺体を医大に提供すること。医学部や歯学部では、体の仕組みを学ぶために、カリキュラムに解剖の実習が必ず含まれており、それに使う遺体が必要となる。週刊誌記者が献体の現状について語る。

「かつて医歯系の大学は、解剖実習用の遺体の確保に苦労していました。日本人の死生観では、遺体を傷つけることに対して抵抗を覚える場合が多く、本人が了解していても、遺族がこれを拒否することもしばしばでした。ただし地道な啓発活動によって希望者が増えた結果、登録を制限する大学も現れるほどで、遺体探しに奔走するような状況は過去の話とされてきました」(週刊誌記者)

 いずれ“本当の体”を診るようになる医師のタマゴたちが、まずは遺体で体の仕組みを学ぶのは必然。医師の育成は社会的にも非常に意義があるが、入試で不正が行われたことによる反発は、ことのほか大きかったようだ。関東地方の某医大の関係者は声を潜めてこう語る。

「献体登録している方が亡くなった場合、ご遺族全員の同意が必要となりますが、一連の入試不正が発覚して以降、故人が献体を希望していても、遺族がこれを拒んだり、一度は同意していたのにこれを翻したりするケースが相次いでいます。私が勤める大学では、9月から解剖実習が行われます。そこで使われる遺体は、防腐処置が施されたもので、今年度分はすでに確保できていますが、この分だと来年度以降に影響が出そうな勢いです」(医大関係者)

“自業自得”とは、まさにこのこと。信頼回復への道は険しそうだ。

最終更新:2018/10/18 16:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー
  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

春ドラマ開始! 今クール一番人気は?

2023年も4月に入り、新ドラマが続々とスタートを切っている。あの作品の評判をチェック!
写真
特集

「結いのおと」を成功せた“実行力”

 新型コロナもひとつ一段落し、今年はリアルでのイベントが盛り上がりをみせている。特に人々が待ち焦がれていたのが、音楽フェスだ。日本でフェス文化が一...…
写真
人気連載

『美女と野獣』に向けられたあらぬ批判

 ディズニーアニメ不朽の名作『リトル・マーメ...…
写真
UPCOMING

る鹿、彼女が見た「正夢」

 モデルとして活動しながら、自身が立ち上げたブランド「DEERTRIP」のディレクターを務め、2021年1月にはゆらゆら帝国『空洞です』のカバ...…
写真