日刊サイゾー トップ > 社会  > 入試不正発覚の医大で“献体拒否”

「入試不正」続々発覚の医大で“献体拒否”続出! 関係者の悲鳴が……

※イメージ画像

 大学医学部の不正入試が相次いで発覚し、各方面から怒りの声が上がる中、関東地方の某医大では、献体の拒否が相次いで発生。医大関係者が頭を抱えている。

 献体とは、解剖の教育や研究に役立てるために、遺体を医大に提供すること。医学部や歯学部では、体の仕組みを学ぶために、カリキュラムに解剖の実習が必ず含まれており、それに使う遺体が必要となる。週刊誌記者が献体の現状について語る。

「かつて医歯系の大学は、解剖実習用の遺体の確保に苦労していました。日本人の死生観では、遺体を傷つけることに対して抵抗を覚える場合が多く、本人が了解していても、遺族がこれを拒否することもしばしばでした。ただし地道な啓発活動によって希望者が増えた結果、登録を制限する大学も現れるほどで、遺体探しに奔走するような状況は過去の話とされてきました」(週刊誌記者)

 いずれ“本当の体”を診るようになる医師のタマゴたちが、まずは遺体で体の仕組みを学ぶのは必然。医師の育成は社会的にも非常に意義があるが、入試で不正が行われたことによる反発は、ことのほか大きかったようだ。関東地方の某医大の関係者は声を潜めてこう語る。

「献体登録している方が亡くなった場合、ご遺族全員の同意が必要となりますが、一連の入試不正が発覚して以降、故人が献体を希望していても、遺族がこれを拒んだり、一度は同意していたのにこれを翻したりするケースが相次いでいます。私が勤める大学では、9月から解剖実習が行われます。そこで使われる遺体は、防腐処置が施されたもので、今年度分はすでに確保できていますが、この分だと来年度以降に影響が出そうな勢いです」(医大関係者)

“自業自得”とは、まさにこのこと。信頼回復への道は険しそうだ。

最終更新:2018/10/18 16:00
関連キーワード

「入試不正」続々発覚の医大で“献体拒否”続出! 関係者の悲鳴が……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

女性の意識の変化を描いた小津安二郎

ドラマ『チャンネルはそのまま!』(HTB)や...…
写真
インタビュー

押井守“原案”の映画『ビューティフルドリーマー』 公開!

 押井守監督らが参加する映画実験レーベル「Cinema Lab(シネマラボ)」の第1...
写真