日刊サイゾー トップ > 海外 > 社会(トンデモ)  > サンパウロMF惨殺事件、動機は?

強姦未遂ではなく“寝取られ”? サンパウロMF惨殺事件、犯人が自首も情報錯綜中……

ピッチ上のダニエル

 10月27日、ブラジル南部の都市・クリチバ市郊外の茂みで、一人のサッカー選手の遺体が発見された。遺体には複数の刺し傷があり、首はほとんど切断され、ペニスが切り取られてなくなっていたという。

 この選手の名はダニエル・コレア・フレイタス(24)。ブラジルの名門サッカーチームで、かつてはカカやレオナルド、リバウドといった名だたるプレーヤーたちが所属していたサンパウロFCのMFで、今シーズンはレンタルに出されて2部チームでプレーしていた。

 この事件、実はすでに一人の男が容疑者として逮捕されており、男も罪を認めている。しかし、事件の背景には不可解な点が多く 、警察は引き続き捜査を続けている。

 いったい、ダニエルに何が起こったのか?

 ダニエルはその前夜、友人女性であるアラーナ・ブリテス(18)の誕生パーティーに参加していた。そして、ダニエル殺害の犯人として逮捕されたのが、アラーナの父親で実業家のエディソン・ブリテス・ジュニア(38)だった。

 ブリテスは逮捕後、事件について語るビデオに登場し 、殺害動機などについて告白した。

 それによると、誕生パーティーで家に来ていたダニエルが、寝室で寝ていた妻を襲おうとしていたところをブリテスが目撃。とっさにダニエルを殺してしまったのだという。

 その後、遺体を車のトランクに入れ、友人3人とともに車で郊外まで行き、車内にあったナイフでダニエルをメッタ刺しにしたのだという。

 パーティーの参加者によると、ブリテスの妻と娘は先に寝室へ戻っていたが、その数分後、ダニエルもいつの間にか消えていたという。

 実はダニエルとブリテスの妻は不倫関係にあった、という情報もあり、 警察がダニエルのSNSの記録を調べたところ、ダニエルはSNSの友人グループに複数回、メッセージを送っていた。

午後8時9分「誕生パーティーでクリチバに来た」

8時17分「誕生日の女の子の母親をこれから“食う”ところで、父親も近くにいる」

8時34分「彼女を食った」

 ダニエルは2枚の写真も合わせてアップしており、そこには気持ちよさそうに眠っているブリテスの妻と、その脇に寝そべるダニエルが写っていたという。

 ブリテスは“妻が襲われそうになったため、ダニエルを殺した”と供述しているが、SNSのメッセージを見る限り、妻の浮気に気づいたブリテスが逆上してダニエルを殺した、と考えるほうが自然だろう。

 一方、ダニエルに対する暴行に加わった疑いのある3人についても行方がわかっておらず、警察は捜索を続けているという。

 被害者は強姦犯だったのか、それともただの間男だったのか――。それによって世間の反応はだいぶ変わってきそうだが、真相はいかに?

最終更新:2018/11/17 16:00
関連キーワード

強姦未遂ではなく“寝取られ”? サンパウロMF惨殺事件、犯人が自首も情報錯綜中……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

今日はお笑いの日!

お笑いコラムを一挙放出!
写真
人気連載

和田アキ子『わだ家』閉店

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、4月1...…
写真
インタビュー

『死霊の盆踊り』ほか珍作映画

 日本におけるサイテー映画の歴史の発火点となったのが、米国映画『死霊の盆踊り』(原題...
写真