日刊サイゾー トップ > カルチャー  > レコ大、“土屋太鳳の司会”で乃木坂46の2連覇確定!?
【wezzy】

レコ大、“土屋太鳳の司会”で乃木坂46の2連覇確定!? 疑惑続く興醒め賞レース

年末恒例の「第60回 輝く!日本レコード大賞」(TBS系)の司会者発表会見が26日に行われ、女優の土屋太鳳(23)が初司会をつとめることが発表された。

 土屋太鳳は、「自分の人生でこんなことが起きるんだと、想像もしていなかったベストワンの状態です」と心境を述べ、本番への意気込みを見せた。同局の安住紳一郎アナウンサー(45)とのタッグで、「平成最後のレコ大」を盛り上げる。

 例年のことながら、世間では大賞の予想も始まっている。11月16日、今年の大賞ノミネート10作品が発表された当初、最有力と見なされていたのは、やはりDA PUMPの『U.S.A.』だった。しかし、“レコ大の司会が土屋太鳳に決定した”ことによって、どうやら勢力図も変わってきそうなのだ。

DA PUMP『U.S.A.』の大賞に暗雲……
 今年、突如として音楽シーンに再登場したDA PUMPは、6月に発売した『U.S.A.』の独特すぎる振り付けが「ダサカッコいい」とブームを巻き起こした。ISSA以外のメンバーも女子中高生を中心に「かっこいい」と人気が上昇しており、LDH系ダンスグループとファン層を共有しつつある。久しぶりに広く世間に愛されるヒット曲が生まれたことで、レコ大受賞も確定路線と見なされていた。

今年再ブレイクを果たした、DA PUMP 『U.S.A.』だが……。 しかし、そこに待ったがかかる。じつはDA PUMPの『U.S.A.』は、1992年にイタリア人アーティストが発表した同名曲をカバーした作品。レコード大賞は「日本国内のすぐれた楽曲を表彰するもの」とされているため、大賞候補に選出されたことに異論が噴出しているのだ。

 実際に、1979年に大ヒットした西城秀樹の『YOUNG MAN (Y.M.C.A.)』は、同上の理由で審査から外されて涙をのんだという過去があるため、今年『U.S.A.』が受賞するとなると筋が通らない。再ブレイクを果たしたDA PUMPの14年ぶりの受賞も、雲行きが怪しくなってきた。

 また、韓国発多国籍ガールズグループTWICEの『Wake Me Up』も選出されているものの、韓国ヒップホップグループのBTS(防弾少年団)の騒動によって日韓関係はエンタメ領域に炎が燃え広がっている。このタイミングでのTWICEの大賞受賞はやはり考えにくい。

 ほかにも、西野カナの『Bedtime Story』や、三浦大知の『Be Myself』、AKB48の『Teacher Teacher』、欅坂46の『アンビバレント』なども選出されているが、どれも小粒だ。ちなみに、米津玄師は『Lemon』の大ヒットで「特別賞」を受賞しており、レコ大の生中継でパフォーマンスを行うのか、注目が集まっている。

 では、いったい誰が今年の大賞に輝くのか?―――まさに混迷を極める予想ダービーだったが、まだ本番まで1カ月を残すなか、すでに「乃木坂46の2連覇で決まった」という見方が強いようだ。そこには、司会の土屋太鳳と乃木坂46の密接な関係がある。

 

レコ大の黒い噂と、土屋太鳳&乃木坂46の事務所のつながり
 今年のレコード大賞の司会は、前述した通り土屋太鳳に決定したが、土屋太鳳の所属事務所は「ソニーミュージックアーティスツ(SMA)」。一方で、乃木坂46は昨年大賞を受賞、今年も『シンクロニシティ』でノミネートされているが、所属事務所「乃木坂合同会社」は「ソニーミュージックエンターテインメント(SME)」と共同で設立しており、関連は深い。このソニー系列のつながりを濃厚視し、土屋の初司会抜擢=乃木坂46の2連覇の“布石”と捉える声は多い。

 ちなみに2013年、大賞はEXILEの『EXILE PRIDE 〜こんな世界を愛するため〜』だったが、この年の司会はEXILEのHIROの妻・上戸彩という“ミラクル”も起こっている。

 一見するとこじつけレベルの話にも思えるが、レコード大賞はかねてから審査員への買収や接待疑惑のほか、芸能事務所同士のパワーゲームであることも噂されている。2016年11月、「週刊文春」(文藝春秋)は、レコ大の選出には長年、芸能界の“ドン”ことバーニングプロダクション社長・周防郁雄氏の意向が強く働いていることを明らかにしたうえで、三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBEが1億円を支払って大賞を買収したとの疑惑を報じている。

 これまでも、認知度やセールスでいまひとつの曲が大賞に選ばれる例も多く、選考基準を疑問視する声が噴出気味だった。しかし、ついに裏で多額のカネで動いていることが明らかとなり、レコード大賞は「茶番」「意味ナシ」「デキレース」などと揶揄され始めているようだ。

 今年、にわかに大賞最有力候補となった乃木坂46の『シンクロニシティ』は、初週売り上げ111.7万枚のミリオン超えを記録し、グループの人気も最高潮。実力的には妥当ではあるが、“土屋太鳳が乃木坂46の2連覇を発表する”というシーンでは、事務所パワーがチラついてしまい、ファンも複雑だろう。

 「レコード」という言葉が死語となり、リスナーが音楽を享受する形も多様化した現在。「レコ大」の意義が改めて問われてもいい頃だろう。

最終更新:2018/11/29 07:15

レコ大、“土屋太鳳の司会”で乃木坂46の2連覇確定!? 疑惑続く興醒め賞レースのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

中居正広”円満独立”の余波

中居クンが3月末でジャニーズ退所!新しい地図、キムタクとの関係は?
写真
人気連載

無料で読めるイチオシWEB漫画5選

小池百合子都知事の”週末の外出自粛要請”を受け、...…
写真
インタビュー

ほどほどYouTuberに聞く

「歩くたびにおっぱいが大きくなる靴」「社会人のための会社を休む理由をランダムで生成す...
写真