日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 『今日俺』シーズン2の可能性は?

アクションシーンが意外といい『今日から俺は!!』第9話 シーズン2への期待大?

日本テレビ『今日から俺は!!』

 12月9日に放送された『今日から俺は!!』(日本テレビ系)の第9話。今回のエピソードは、開久との全面対決だ。

■秀逸なアクションシーンだからこそ、惜しいポイントがある

 三橋貴志(賀来賢人)と伊藤真司(伊藤健太郎)のせいで開久がナメられることが我慢ならない相良猛(磯村勇斗)は、何もされてないのに「開久の不良が伊藤に集団でやられた」というニセ情報をでっち上げ、番長・片桐智司(鈴木伸之)を焚きつけることに成功する。

 伊藤を待ち伏せた智司は、メリケンサックをはめ、お互いが目をつむった状態で殴り合う変則ルールのタイマンを持ちかけた。これは罠だ。バカ正直に目をつむっているのは伊藤だけ。目を開けたままの智司は、視界を塞いだ伊藤を余裕でボコボコに……。しかし、いつまでたっても伊藤は目を開けない。意地を貫く伊藤を見て、智司は心変わりした。

智司「目開けろ、伊藤。いいから、目開けろー!」

 伊藤の姿に感化された智司は、メリケンサックを捨て、真っ向勝負で伊藤とのタイマンを仕切り直した。

 実はこのドラマ、アクションシーンが意外にいい。迫力十分、心理描写も予想以上に繊細だ。原作はアクションもギャグパートも魅力的だったが、ドラマ版はギャグ(ムロツヨシや佐藤二朗など)よりシリアスパートのほうが圧倒的に面白い。今回の第9話はアクション要素多めの構成である。見どころの多い回だったように思う。

 だからこそ、惜しい場面がいくつかある。例えば、智司が目を開けるよう伊藤に促したくだり。ここ、原作はもっと熱いのだ。意地を貫く伊藤を見て揺れた智司は「テメーと勝負してみたくなったぜ」と、自らも目をつむった。お互いが視界を塞いだ小細工なしの乱打戦は続き、結果、両者ともにボロボロの状態に。この流れで、智司の「もう、いーだろ。俺の負けだ。俺は最初、目ェ開けてたからな」というセリフへとつながるのだ。

智司「テメェ……あんまバカだと、そのウチ死ぬぜ」

伊藤「意地張るといい事があるんだ」

智司「憎たらしい野郎だよ」

「相良らの捏造」から「伊藤の実直」へ心の針がグッと傾いたことのわかる描写だ。胸の内の揺れがスッと伝わった。相手に目を開けさせるのと自らがつむるとではまったく違うと、おわかりいただけただろうか?

 せっかく良く描けているケンカシーンだ。だからこそ、些細な部分が余計惜しく思えてしまう。


123
こんな記事も読まれています

アクションシーンが意外といい『今日から俺は!!』第9話 シーズン2への期待大?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

石田ゆり子、本当は気が強い!?

「奇跡の50歳」といわれる若さと美貌で大人気...…
写真
インタビュー

“二番手芸人”かまいたちの野望

「テレビマンがいま一番キャスティングしたい芸人」「ポスト千鳥」……昨年、東京進出を果...
写真