日刊サイゾー トップ > 芸能  > 田代まさし地上波復帰の意外な番組

田代まさしがひっそりと地上波復帰を果たした意外な番組って!?

「NHKオンライン」より

 来年4月には新元号が発表されるが、平成の芸能史を語るうえで忘れられない人物が田代まさし。超売れっ子タレントの転落劇は半ば伝説化しているが、そんな彼がひっそりと地上波番組に復帰していた。

 田代が“初めて”世間をにぎわせたのは2000年のこと。歌手からタレントへと転身し、レギュラー番組やCMを何本も抱えていた彼が、盗撮容疑で逮捕されたのだ。当時を知るベテラン芸能記者が語る。

「私鉄の駅で女性のミニスカートの中を盗撮した容疑で捕まった田代でしたが、話題を大きくしたのが釈明会見でした。理由を聞かれた田代は、『“ミニにタコができた”というギャグ映像を作ろうとした』と弁明して、これが火に油を注ぎ、猛バッシングの嵐にさらされ、あっという間にテレビから消えました」

 その後、覗き、交通事故、覚せい剤使用などを繰り返し、2度にわたる服役も経験した田代。かつて彼を支えた芸能界の友人も見捨て、テレビ出演が厳しい状態にある中で出演したのは、NHKのEテレだった。テレビ情報誌の記者が語る。

「田代氏が出演したのは、Eテレで15日の昼間に放送された『孤立大国ニッポン』という番組です。この番組は、孤立死、ひきこもり、ごみ屋敷など、社会的孤立という問題を取り上げたもの。番組内で社会復帰を目指すグループ『ダルク』が紹介され、そこで働く田代氏が紹介されました。往年のように口ひげを生やした田代氏は、覚せい剤を使うこととなった経緯や、ダルクに携わるようになったきっかけについて述べ、シンポジウムの様子を伝える映像では、『ボクがいつもクスリを買っていた売人の親分が、ダルクにいたんです』と語って、笑いも取っていました。久々に“動く田代まさし”を見ましたが、健康そうな様子でしたね」(テレビ情報誌記者)

 番組では、“ムショ帰り”のつらさも漏らした田代。幾度も失敗を重ねた彼が簡単に復帰できるほど世間は甘くないが、ひとつのケーススタディとして彼の失敗から学ぶものはありそうだ。

最終更新:2018/12/20 06:00
こんな記事も読まれています
関連キーワード

田代まさしがひっそりと地上波復帰を果たした意外な番組って!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

ジャニーの陰を書かぬメディア

今週の注目記事・第1位「『貴景勝』ご祝儀270...…
写真
インタビュー

毒舌婚活ブログ”中の人”に聞く

「ブログなんてもう古い、時代はnoteだ――」  そんな声がにわかに高まりだした20...…
写真