日刊サイゾー トップ > カルチャー  > 平成最後の「コミケ」大幅な配置変更

大幅な配置変更で、知らなきゃ混乱必至! 平成最後の「コミケ」カタログと配置はじっくりと読め

「コミックマーケット95」Webカタログより

 いよいよ平成最後のコミックマーケットが近づいてきた。SNSでは、ようやく脱稿した作者が、なんとか間に合ったと新刊の告知をしているし、ワクワク感もひとしおである。あとは、カタログチェックをして、当日を待つだけ……。

 だが、今回は特に念を入れたカタログチェックが重要なコミケになっている。それは、配置が大幅に変更されているからだ。

「今回は、心して参加しないといけないでしょう。まず、従来は東ホールに配置されていた『艦これ』や『アズレン』が西に移動。さらに、3日目の東が定番だった男性向けの一部も西になっています。これまでのコミケの経験で、大まかな配置が身体に染みこんでいますが、それを一度リセットしなきゃいけませんね」(常連参加者)

 とにかく、今回のコミケは、カタログと配置図にじっくりと目を通さねばならない事態になっている。近年、カタログを購入せずに、目当てのサークルの配置だけをメモして来場する人も多いが、それではたちまち迷子になってしまうだろう。それに、東西のホールを、どのタイミングで移動するかなども、きちんと行動予定に入れておきたいところだ。

 平成最後のコミケで行われる大規模な配置の移動。その理由は、オリンピック対応で4日間開催となる来年以降の布石だとされている。今回は、ジャンルの配置が移動したのみだが、来年以降は机の並べ方なども大幅に変わっていくというウワサも。

 じっくりとカタログを読み込んだ上で行動予定を立て、平成最後のコミケを悔いなく過ごしたいものだ。
(文=コミケ取材班)

最終更新:2018/12/26 23:00
こんな記事も読まれています
関連キーワード

大幅な配置変更で、知らなきゃ混乱必至! 平成最後の「コミケ」カタログと配置はじっくりと読めのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

高良健吾主演のR18作

 初恋の相手にもう一度逢ってみたい、そう思う...…
写真
インタビュー

『カニバ』佐川一政の実弟が激白

 事件は1981年6月11日に起きた。パリに留学中だった佐川一政は、好意を抱いて...…
写真