日刊サイゾー トップ > カルチャー > アニメ・ゲーム  > 『ゲームセンターあらし』新作に涙

ゲームが強くてもバカにされていた時代からの激変……『ゲームセンターあらし』新作に涙

「コロコロアニキ 2019年冬号」(小学館)

 昨年12月に発売された「コロコロアニキ」(小学館)に歓喜した、かつての男子は多かったのではないだろうか。なんと、読者全員サービスで、あの憧れのインベーダーキャップが応募者負担額税込み3,990円で用意された。そして『ゲームセンターあらし』の新作「プロゲーマー編」が掲載されたのである。

 ついに、インベーダーキャップをかぶって、自宅で必殺技・炎のコマなんかを再現できる。そして、禁断の必殺技・スーパーノヴァも……。

 スーパーノヴァは「次に使ったら、死んでしまう」必殺技だったハズなのに、何度も使っているという“話のつじつまよりも勢い”という感じが、今読んでも新鮮である。ともあれ、必殺技を試すと自宅のゲームコントローラーを破壊してしまいそうなので、注意しよう。

 そんな熱い『ゲームセンターあらし』だが、新作で描かれているのは、なんとeスポーツ参戦。これがいかに衝撃なのか、おわかりだろうか。

 単行本を読み直してもらうと歴然だが、過去のエピソードでは当時のゲームの置かれていた状況がよくわかる。

 エピソードの中では、ゲームすること自体が「悪」という風潮に抗うものも多い。時には、あらし自身がいくらゲームが強くても、お金をもらえるわけでもなく、人にほめられるわけでもないと、ゲームをやめようと考えることも……。

 そんな時代を乗り越えて、あらしでもeスポーツが取り上げられるようになるとは。まさか、ゲームが強いことに尊敬が集まるばかりか、お金まで稼げるようになるなんて、当時の誰も予測できなかったことではないだろうか。

 どんなことでも、努力を怠らず研鑽に努めれば、いつかは認められる。また、人生の大切なことを『ゲームセンターあらし』が教えてくれたのか。
(文=ピーラー・ホラ)

最終更新:2019/01/10 22:30
こんな記事も読まれています
関連キーワード

ゲームが強くてもバカにされていた時代からの激変……『ゲームセンターあらし』新作に涙のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

サイゾーレビューすべて見る

あなたの番です

日本テレビ/日曜22:30~

田中圭&原田知世が交換殺人に巻き込まれる!?

ラジエーションハウス

フジテレビ/月曜21:00~

月9初主演の窪田正孝が天才放射線技師に!

パーフェクトワールド

フジテレビ/火曜21:00~

松坂桃李と山本美月がおくる“王道”ラブストーリー

わたし、定時で帰ります。

TBS/火曜22:00~

吉高由里子が「働き方新時代」のニューヒロインに!

白衣の戦士!

日本テレビ/水曜22:00~

中条あやみ&水川あさみがW主演!

ストロベリーナイト・サーガ

フジテレビ/木曜22:00~

二階堂ふみ&亀梨和也コンビで人気作をリメイク

インハンド

TBS/金曜22:00~

山Pが義手&ドSの天才科学者に!

きのう何食べた?

テレビ東京/金曜0:12~

西島秀俊&内野聖陽のオトナBL・節約グルメドラマ

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

AAA浦田、女性暴行で「無期限謹慎」の余波

かねてから酒癖の悪さが指摘されていた浦田。過去の悪行が次々に暴露される!?
写真
人気連載

号外研究家が改元号外を読み比べ!

 5月1日、ついに新しい時代が幕を開ける。 ...…
写真
ドラマレビュー

『ラジエーション』ラブ要素が物議に!

(これまでのレビューはこちらから)  窪田正孝主演ドラマ『ラジエーションハウス』(フ...…
写真