日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 松坂桃李×山本美月でドラマ大丈夫?

松坂桃李、主演ドラマ『パーフェクトワールド』でヒット狙うも、ヒロインは“疫病神”山本美月で大丈夫?

文=田中七男

『パーフェクトワールド』ドラマ公式サイトより

 松坂桃李が来る4月期、フジテレビ系の「火9」枠で放送される連続ドラマ『パーフェクトワールド』で主演することが分かったが、早くも“爆死”が不安視されている。

 ゴールデン・プライム帯に限定すると、松坂は2015年10月期の『サイレーン 刑事×彼女×完全悪女』(フジテレビ系)で初主演するも、全話平均視聴率は9.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)に終わった。続いて、17年1月期の『視覚探偵 日暮旅人』(日本テレビ系)で、2度目の主演を務めたが、平均視聴率は9.3%で、これまた2ケタ到達はならず。それだけに、3度目の主演となる『パーフェクトワールド』では、なんとか2ケタという“結果”がほしいところ。

『パーフェクトワールド』の原作は、有賀リエ氏の同名少女漫画で、昨年10月には、EXILE・三代目J SOUL BROTHERSの岩田剛典、杉咲花のダブル主演で映画化されたが、ヒットには至らなかった。

 今回のドラマ版の脚本は、『WATER BOYS』シリーズ、『ラスト・シンデレラ』、『ディア・シスター』、『隣の家族は青く見える』(いずれもフジテレビ系)、『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』(日本テレビ系)などを手掛けた中谷まゆみ氏が担当する。

 物語は、事故がきっかけで車イス生活となった主人公・鮎川樹(松坂)が、高校時代の同級生・川奈つぐみ(山本美月)と再会し、お互いに心通わせていくラブストーリーだ。

 ここで、非常に気になるのが、ヒロインである山本の存在だ。これまで、山本はゴールデン・プライム帯の連ドラでは、Hey!Say!JUMP・中島裕翔主演『HOPE~期待ゼロの新入写真~』、浅野忠信主演『刑事ゆがみ』、ディーン・フジオカ主演『モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-』(いずれもフジテレビ系)と3度ヒロインを務めた。しかし、その平均視聴率は、『HOPE』が6.1%、『刑事ゆがみ』が6.5%、『モンテ・クリスト伯』が6.2%と、すべて6%台で壮絶爆死を遂げており、“数字を持っていない女優”とのイメージがすっかり定着してしまったのだ。

「山本は確かに美人ですし、好感度も悪くはありません。ただ決して演技がうまいとはいえませんし、ドラマに出演しても、存在感が薄くて、インパクトが残せていません。視聴率的には、“疫病神”ともいえる山本がヒロインで、『パーフェクトワールド』が、高い数字を取れるのか疑問符がつきますね」(テレビ誌関係者)

 フジの火曜ドラマといえば、17年7月期以降、6クール連続で1ケタ台。今期の木村佳乃主演『後妻業』も第2話で6%台を記録するなど苦戦している枠だ。正直、この悪条件下で『パーフェクトワールド』が2ケタをマークすることができれば、松坂も山本も評価がグッと上がるのだが、果たしてどうなることやら……。
(文=田中七男)

最終更新:2019/02/01 21:30

松坂桃李、主演ドラマ『パーフェクトワールド』でヒット狙うも、ヒロインは“疫病神”山本美月で大丈夫?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

伊勢谷友介大麻取締法違反で逮捕の衝撃

名俳優の逮捕で、映画・ドラマにも波紋が…
写真
人気連載

ノーラン監督『テネット』レビュー

 潜在意識の世界が具象化された世界を『イ...…
写真
インタビュー

からし蓮根がたどり着いた熊本弁漫才

2画面左からボケの伊織とツッコミの杉本青空(撮影=荒熊流星)  ついに明日、今年のNo....
写真