日刊サイゾー トップ > 芸能  > 『年下王子』小越勇輝のSNSがまるで地獄

恋愛リアリティー番組『私の年下王子さま』出演・小越勇輝の向かう先は――? ファンから批判殺到の地獄絵図

恋愛リアリティー番組『私の年下王子さま』出演・小越勇輝の向かう先は――? ファンから批判殺到の地獄絵図の画像2
北川都喜子 公式インスタグラム(@tokico_k_official)より

■俳優・小越勇輝が手にしたものって、結局……?

 晴れて、年上女性の“王子様”となったゆうきだが、祝福の声はもちろん、批判的な声も寄せられており、さらにはそれに反論する人まで現れ、「カップル成立を受け入れられない古参ファン」vs「番組がキッカケでついた新規ファン」の争いにまで発展。彼のインスタグラムのコメント欄は地獄絵図と化している。

 初回のレビューでも書いたが、番組出演にあたり、「人として等身大で恋に挑戦する」と言っていたゆうき。最終回配信後の1月28日に更新されたブログでは、

「今までにない感覚を知ることできた機会。俳優として、人間味溢れる豊かな、表現者でいたいと改めて思います」(原文ママ、以下同)

 と番組出演を振り返りつつ、

「人の事を思いやれる人でありたいとも思います、みんながそんな気持ちを持っていたら世界はもう少し変わるのに」

 と、おそらくアンチ的なコメントを寄せるファンに対する正直な気持ちも綴っている。

 台本があるとかないとか、演技だとかそうじゃないなどを指摘する声もあるようだが、そんなのはこの際もはやどうでもいい気がする。多くのファンが聞きたいのは、遠まわしの牽制の言葉ではなく、カップル成立についての報告だろうし、それがないから「やっぱりヤラセだったんだ!」→「なんでそんな番組出たんだ!」という批判の声が大きくなっているようにも思えるが……。

 2月にはファンイベントの開催も控えているようだが、そこで直接彼の口から何らかの報告があるんだろうか? 勝手ながら、「この状態でファンと接触とか大丈夫なの?」と、余計なお節介を焼いてしまう。

 番組が終わって数日経った現時点では、どうしても、ドラマでも映画でもない、“恋愛リアリティーショー”に出演した彼が得たものよりも、失ったもののほうが大きかったように思えてしまうが、そうじゃなかったと証明できるかは、今後の彼次第。

 番組で得たもの含め、シフトチェンジを図った彼の今後の彼の活躍にご注目あれ。

(文=みんなの推しに幸あれ)

最終更新:2019/02/02 18:00
12
こんな記事も読まれています

恋愛リアリティー番組『私の年下王子さま』出演・小越勇輝の向かう先は――? ファンから批判殺到の地獄絵図のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

超絶ストイックな『クマ撃ちの女』

 毎年この時期になると、たびたび報じられる「...…
写真
インタビュー

瓜田純士『天気の子』をメッタ斬り

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士(39)が森羅万象を批評する不定期連載。今回...
写真