日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > テレ朝、家シリーズ第2弾が惨敗

テレ朝大誤算! 大人気の『ポツンと一軒家』を休止してまで放送した『空き家バスターズ』が惨敗!

『空き家バスターズ2』公式サイトより

 二匹目のどじょうは、そうそういないということだろうか。テレビ朝日のもくろみが、もろくも崩れ去ってしまったようだ。 

 17日(日)、同局が午後6時30分から特番『所有者不明!!解決!空き家バスターズ2』(ABC制作)を2時間半枠でオンエアしたが、視聴率は9.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と振るわず、2ケタに乗せることはできなかった。

 言うまでもなく、同枠では『ナニコレ珍百景』『ポツンと一軒家』を放送している。昨年10月からレギュラー番組に昇格した、ABC制作の『一軒家』は15%前後をはじき出す大ヒットとなり、直近の10日放送分は15.2%をマークしている。同月より2年半ぶりにレギュラーに復活した『珍百景』もコンスタントに2ケタを記録するなど好調で、3日放送分は13.6%をマークした。

 人気の両番組を休止してまで『空き家バスターズ』を放送したからには、テレ朝、ABCには“ある狙い”があったようだ。

 ABCでは、過去に制作した『大改造!!劇的ビフォーアフター』がヒットし、2016年11月までレギュラー番組としてオンエアされた。そして、同局制作の“家シリーズ”第2弾となった『一軒家』が予想を上回る高視聴率を挙げたことで、“家シリーズ”第3弾の『空き家バスターズ』を放送するに至った模様。

 同番組は昨年9月の土曜夕方に初めて放送され、今回2回目にしてゴールデン帯に初進出。番組内容は、日本各地で起こっている所有者不明の空き家問題に真っ向から取り組み、解決策を導き出していくもので、俳優の平泉成、オアシズ・大久保佳代子、サンドウィッチマン・伊達みきお、千鳥・ノブ 、ヒロド歩美アナが出演した。

「現在、絶好調の『一軒家』も、ぶっちゃけ、いずれネタ切れやマンネリに陥るのが目に見えていますから、今回のように休止して、特番を流すときの“後番組候補”が必要です。それが『空き家バスターズ』だったのですが、2ケタ取れずに惨敗しました。しかも、ふだん1ケタしか取れていない、裏の『坂上&指原のつぶれない店』スペシャル(TBS系)が10.3%まで上げて、これにも負けてしまいました。当然、いつもテレ朝を見ている視聴者が、TBSに流れた可能性も高く、今回の編成は大失敗といえるでしょうね」(テレビ誌関係者)

 結果的に、「なぜ人気番組をわざわざ休止したの?」といった事態になってしまったが、新しい番組を育てることも必要。テレ朝、ABCの期待を背負った『空き家バスターズ』は今後、人気番組へと進化するだろうか?

(文=田中七男)

最終更新:2019/02/20 18:00
こんな記事も読まれています

テレ朝大誤算! 大人気の『ポツンと一軒家』を休止してまで放送した『空き家バスターズ』が惨敗!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

さらば青春の光、コントの極みへ

 2008年に『キングオブコント』への参加を目指して結成され、結成10年目を迎えるお笑...
写真