日刊サイゾー トップ > 芸能  > 羽生ゆずれない、改名後も批判殺到!?

羽生ゆずれない、羽生結弦ファン抗議で「あいきけんた」へ!「リスペクトなさすぎ」と改名後も批判殺到!?

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

あいきけんた公式Twitterより

 2月25日、自身のInstagramにて名前を「羽生ゆずれない」から本名のひらがな表記に改名することを発表したものまねタレント・あいきけんた。さらにあいきは3月5日にInstagramを更新し、シルバーの髪にTシャツに革ジャンというオシャレな出で立ちでイメージチェンジした姿を披露。「新しい宣材写真撮りました 色々と多方面に活躍していきたいと思っているので皆さんこれからもよろしくお願いします!」と今後の決意を綴り、続けて「あ、ちなみに髪は染めてません(笑)シルバーワックス使ってるだけです 本当はこっち」と黒髪ショットも披露した。このあいきの発表に、ネットでは「羽生よりイケメンじゃん」「おお! 何も知らなかったら普通にイケメン! って思えるわ」と新しいイメチェン写真を評価する声や、「羽生ゆずれないって名前好きだったのに」「ゆずれないで良かったのに。羽生君も面倒くさいファンがついたもんだ」と改名を残念がる声が上がっている。

 改名騒動の発端となったのは、昨年12月にあいきがプロフィギュアスケーターの小塚崇彦と共に女性2人をホテルに連れ込んだというスキャンダルが「週刊文春」(文藝春秋)に報じられたことによる。あいきは記事について「事実無根」だと反論したものの、フィギュアスケーターの羽生結弦のファンがこの報道に激怒し、羽生選手に迷惑がかかるために改名すべきだという苦情があいきに殺到。それゆえあいきは2月16日に改名することと新芸名を公募することを自身のInstagramで発表していたのだった。

 3月2日配信のウェブサイト「Smart FLASH」(光文社)でのインタビュー記事によると、あいきは日本だけでなく日本だけでなくロシアや中国・韓国などからも怒りの改名要請が来たことを告白。心機一転、新しい芸名やモノマネで頑張っていくことを明かしていた。

 しかし羽生ファンいわく、あいきが改名したところで羽生ファンが絶対に彼を好きになれない理由があるという。

12

羽生ゆずれない、羽生結弦ファン抗議で「あいきけんた」へ!「リスペクトなさすぎ」と改名後も批判殺到!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

志村けん急逝――悲しみ広がる

お笑い界のレジェンドが残した偉大な功績の数々を振り返る!
写真
人気連載

『ポップスター』無垢な少女の変貌

 炎上タレントと呼ばれる人たちがいる。一般モ...…
写真
インタビュー

チケット転売規制法は「国民救済」が目的じゃない! 

 東京オリンピックを視野に6月に施行される「チケット転売規制法」。チケットの高額転売...
写真