日刊サイゾー トップ > 芸能  > 映画ドラえもん主題歌にパクリ説!

平井大「THE GIFT」に有名洋楽パクリ説浮上! あいみょんにオレンジレンジも……オマージュはどこまでOK?

過去にはアウトだった事例も……

「例えば、アウトだった事例としては、ロックバンド・オレンジレンジが2004年に発表した『ロコローション』なんかが挙げられますね。これは米国の歌手であるリトル・エヴァが1962年にリリースした曲である『ロコ・モーション』のメロディがそのままだったことから、曲の制作者であるキャロル・キング側から抗議があったとして、カバー曲として扱われることになりました。この際、バンドのリーダーであるNAOTOさんが音楽雑誌で『オレたちの中の合言葉はパクろうぜ! です』と発言していたことが話題になり、それがより問題に火をつけてしまったんですよね。僕が専門とするハードロックやヘビーメタルで言えば、レインボーというバンドの『スポットライト・キッド』という曲に対して、アルカトラスというバンドの『ジェット・トゥ・ジェット』という曲がイントロなどのリフ(曲の随所で繰り返されるフレーズのこと)が酷似していることで知られています。これらはともに1980年代初頭の曲ですが、レインボー側が訴えを起こすこともなく、現在ではどちらも名曲として扱われていますよ。まあ、ほとんどの場合はこういう感じになると思いますけどね。人によってオマージュやリスペクトがどこまでOKかという範囲は異なるので、なんとも言えない部分はあるのですが」(同)

 はたしてこの曲はオマージュやリスペクトの範囲に収まるものなのか、それとも盗作なのか。今後、大きな問題が起こらないことを祈るばかりである。

最終更新:2019/03/22 22:00
12
こんな記事も読まれています

平井大「THE GIFT」に有名洋楽パクリ説浮上! あいみょんにオレンジレンジも……オマージュはどこまでOK?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

中東紛争を題材にした傑作映画

 笑ってはいけないシチュエーションほど、...…
写真
インタビュー

最恐メンタル、クロちゃんの真実

 単なるウソつきか、それともモンスターなのか――。仕掛けるたびにスタッフすら...
写真