松本人志「テレ朝出禁」は、“あの番組”をサボリまくったから?

2019/03/26 12:00

松本人志

 あの番組の後に何かが起きた?

 ダウンタウン・松本人志が3月24日の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、テレビ朝日を“出禁”となっている理由を明かし、話題を呼んでいる。

「ゲストの中居正広が4月からテレビ朝日系でニュース番組のMCを務めることに触れた松本は、『俺がそっちに出たいんやけど、皆さんがご存知のようにテレ朝出禁なので』と苦笑。『テレビ朝日の偉い人と吉本の偉い人が揉めたって……』『上層部がタンカを切ったんですよ。“ダウンタウン出せへんぞ”って。そうした向こうが“いらへんわ~”って』と暴露したのです」(テレビ誌ライター)

 松本はテレビ朝日系の『M-1グランプリ』『松本家の休日』に出演しているが、こちらは系列のABC制作。テレビ朝日では20年以上ダウンタウンは一度もコンビとしてのレギュラー番組を持っていない。

 そして、その最後のレギュラー番組が1995年に放送されていた『かざあなダウンタウン』。ベテランの芸能記者が述懐する。

「この番組には今田耕司、東野幸治、板尾創路、木村祐一、山崎邦正らダウンタウンファミリーが総出演。ダウンタウンのムチャ振りに若手芸人が過酷な企画に毎週チャンジするというものでした。その内容はヘッドスライディング瓦割り、画びょうのついた風船でバレーボール、2人1組で相手にビンタをしてメガネがどこまで飛ばせるか勝負するといった体を張るものから、吉本興業のベテラン先輩芸人の中で誰がクズか答える、男の芸能人で貞操を捧げるなら誰か答えるなど、精神的に追い込まれる企画もありました」

 しかし、松本は番組に、まったく乗り気ではなかったのだという。

「テレ朝側はたけし軍団が体を張っていた『スーパーJOCKEY』(日本テレビ系)を目指していた。また、同時期にはウッチャンナンチャンによる若手芸人へのムチャ振り番組もあった。そのため松本は“二番煎じ”と感じていたようで、あきらかにやる気がなく、投げやりにやっていた。めったに番組を休まない松本がこの番組では『腹痛』で欠席することも多く、2本撮りを連続2週休んだことも。結果、わずか1年ほどで終了となりました」(同)

 そんな松本の態度にテレ朝上層部が激怒し、吉本に抗議していたのだろうか。

最終更新:2019/03/26 12:00

人気記事ランキング

人気キーワード

続きを読む