日刊サイゾー トップ > 芸能  > 山﨑賢人“実写爆死俳優”返上?

山﨑賢人が正念場!? 肝入り主演映画『キングダム』公開で、“実写爆死俳優”との異名返上なるか

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

山崎賢人公式Instagramより

 4月19日から公開される映画『キングダム』に主演する山﨑賢人。久しぶりの邦画界の大作映画ということもあり、山﨑も気合十分の様子で現在発売中の雑誌「Ray」5月号(主婦の友社)のインタビューでは「(演じる役柄の)信は孤児の少年なのでやせているだろうということでトレーニングと、炭水化物を抜いてブロッコリーと赤身肉などを食べる食事制限をして。10kgくらい体重を落として挑みました」と明かしている。また3月27日に行われたワールドプレミアレッドカーペットイベントで山﨑は「僕にとって大切な作品で熱い思いを込めて撮影に挑ませてもらいました」と熱弁。映画の出来のほうは原作漫画の著者であり、脚本にも参加したという原泰久氏が試写を見て「5回泣いた」と明かしていることからも、かなり期待が持てる内容になっていると思われる。

 山﨑といえば『四月は君の嘘』『一週間フレンズ。』といった恋愛作品から『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』や『斉木楠雄のΨ難』といったエンターテインメント作品など、とにかく漫画の実写映画の主演をたくさん務めてきた俳優という印象があるが、大ヒット作品もありつつ、大コケした作品も少なくない。

「山﨑主演で大ヒットしたのは『ヒロイン失格』『orange』あたり。大コケしたのは『ジョジョ』『一週間フレンズ。』『L・DK』でしょうか。共演の女優陣の人気や作品の出来もありますから一概に大コケが山﨑のせいとはいえませんが、山﨑の知名度と人気の割に代表作品が無いのも確か。一部では“実写爆死俳優”と異名があるだけに『キングダム』の成功に懐疑的な声もある。山﨑自身も盟友の菅田将暉のような実力派人気俳優を名乗りたいでしょうが、そのためには今回の『キングダム』の成功が必須になるでしょう」(映画会社勤務)

12

山﨑賢人が正念場!? 肝入り主演映画『キングダム』公開で、“実写爆死俳優”との異名返上なるかのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『鬼滅の刃』はジブリ超え大ヒットになるか?

アニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興収が公開10日間で100億円突破で『千と千尋の神隠し』超え!?
写真
人気連載

『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』レビュー

「この映画は大音量で上映すべし」  ...…
写真
インタビュー

瓜田純士、田代まさしに去勢を提案!?

 マーシーこと田代まさし容疑者(63)が、覚せい剤所持の疑いで5度目(薬物では4度目...
写真