テレビ辛口研究所

『まんぷく』好評を支えた俳優・桐谷健太、取材完全拒否だった“意外なワケ”とは?

2019/04/03 22:30

NHK連続テレビ小説『まんぷく』公式インスタグラム (nhk_mampuku)より

 視聴率・評判ともに放送開始当初から最終回まで高水準を維持したNHK連続テレビ小説『まんぷく』。

 ヒロイン・福子役の安藤サクラ、萬平役の長谷川博己という実力派俳優2人の安定感は大きい。しかし、作品に華を添えていたのは、ヒロインの母で「ぶしむす」鈴を演じた松坂慶子と、萬平の「親友」でお調子者のパートナー・世良を演じた桐谷健太の2人だろう。

 それにしても、朝ドラにおいて、桐谷健太がここまで重要な役割を担うとは、想像すらしていなかった視聴者も多いのではないだろうか。

 ある芸能記者はこんな懐かしいエピソードを語る。

「桐谷さんは以前からバラエティ番組などでよくイジられていたこともあり、もともと『お調子者キャラ』イメージがついていました。高校時代に友人やそのお父さんに手伝ってもらって、自分が表紙の雑誌『KEN’S NON-NO』を作ったという笑い話は有名ですよね。また、とんねるずの石橋貴明さんもよくイジっていましたし、タモリさんに気に入られているのか、かつて『笑っていいとも!』(フジテレビ系)に出演したときには『顔、濃いね~』『顔、熱いね~』とイジられまくり。ゲストのつながりから共演者の桐谷さんの名前が出た回では、本人不在なのに、『彼、すごい目してるよねー』『鷹が獲物を狙ってるみたいだよねー』などと何度もイジられていたのが印象的でした」

 また、ドラマ評論家は言う。

「au三太郎のCMですっかり人気者になりましたが、それよりも魅力的だったのは、二宮和也と錦戸亮が出ていた『流星の絆』(TBS系)で見せた上司・高山役です。プライドが高くてナルシストで、ステキにアホっぽくて、名演技でした」

 ちなみに、ドラマそのものは評価も視聴率も低空飛行だったものの、桐谷の魅力満載だったのは、月9ドラマ『カインとアベル』(フジテレビ系)だと補足する。

「主演・山田涼介の兄でエリート役を演じたんですが、序盤は全くエリート感がなく、大きな声でしゃべり、大きな表情変化を見せるのが、コント的にすら見えました。ところが、弟が頭角を現してから、嫉妬に狂い、暴走する姿は見事。昼ドラばりのコテコテ演技で、小物感にあふれている様は愛おしく、彼にしかできない魅力的な堕落ぶりを見せてくれました」(同)

 こう聞くと、「お調子者で、計算高く、商売上手だけど、ズッコケ感のある憎めない世良さん」は、桐谷健太そのもののようにも思える。だが、あるテレビ誌記者はそれを否定する。

「桐谷健太さん演じる世良さんは、『まんぷく』で最も愛されたキャラの一人でした。当然ながら、多数の媒体から取材依頼がきていたようですが、それらすべてを桐谷さんは断っていたそうです。その理由がとにかくカッコ良くて……『主役はあくまで福ちゃんと萬平くんで、自分は脇役だから出しゃばるべきじゃない』というんです」

 この言葉自体が、まるで『まんぷく』の続編、あるいはスピンオフのような粋な世界観を醸している。それにしても、素人時代には自分の表紙で雑誌を作っていたほどの「目立ちたがり屋」が、こうも変化するとは……。

 桐谷自身が十分に売れ、評価されていることからくる余裕が、世良をさらに魅力的なキャラクターに仕立て上げたのかもしれない。

最終更新:2019/04/03 22:30

人気記事ランキング

人気キーワード

続きを読む