日刊サイゾー トップ > 社会  > 『ノストラダムス』著者が謝罪熱望!

三四郎・小宮は“留年”、小渕健太郎はコブクロ結成……『ノストラダムス』著者が“謝罪”を熱望!

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

『ノストラダムスの大予言』(祥伝社)

 かつて日本の少年少女を戦慄させた『ノストラダムスの大予言』(祥伝社)の著者・五島勉氏(89)が4月7日、『Mr.サンデー』(フジテレビ系)の取材に応じ、当時予言を信じてしまった子どもたちに「謝りたい。子どもが読むとは思っていなかった」などとコメントした。

 番組MCの宮根誠司アナウンサーは「子どもの頃は100パーセント信じていました」と当時を振り返ったが、ネット上にも「この本読んで眠れなくなった!」「一年一年、成長するのが怖かった……」など信じていた旨の書き込みが多数寄せられている。

「『ノストラダムスの大予言』は1973年に発行されました。宮根アナは63年生まれなので、読んだのはおそらく小学生の頃。影響を受けた、ど真ん中世代かもしれませんね。小松左京の『日本沈没』(光文社)が大ヒットし、ユリ・ゲラーがブームになったのもこの頃です。当時の日本はそうしたオカルトブームの真っ最中だったので、影響を受けた子どもは非常に多かったのです。ちなみに『ちびまる子ちゃん』や『ドラえもん』といった国民的な漫画でも当時の子どもたちが右往左往する様子が描かれており、いかにこの予言に影響力があったかを知ることができます。同著はミリオンセラーを記録し、結局全10冊のシリーズとなりました」(文芸誌ライター)

 こうしたノストラダムスの大予言を含むオカルトブームは99年が近づくにつれて、加速する。ウワサを信じた少年少女の中には予言に人生を左右された者もいた。例えば、お笑いコンビ・三四郎の小宮浩信は「地球が滅亡するからいいや」と勉学をおろそかにして、高校を留年。また、コブクロ・小渕健太郎は99年の1月に会社を辞め、「世界が終わるまでは好きなことをしよう」とコブクロ結成に至ったという。

12

三四郎・小宮は“留年”、小渕健太郎はコブクロ結成……『ノストラダムス』著者が“謝罪”を熱望!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

また週刊誌上でレスバ!? 眞子さまと小室圭さんの結婚どうなる?

眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが自身の問題について文章を公表。その内容に賛否が渦巻いている……。
写真
人気連載

伊集院光が麒麟・川島のファロースキルを絶賛

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
インタビュー

HUNGER(GAGLE)が語った3.11のこれまでとこれから

 2011年3月11日14時46分――甚大な被害を及ぼした東日本大震災から10年とい...
写真