日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 『ごごナマ』で「ポルノ」連呼の神回

NHK『ごごナマ』で“神回”? 「ポルノ」連呼の意外な舞台裏って!?

NHK『ごごナマ』で神回? 「ポルノ」連呼の意外な舞台裏って!?の画像1
「ワハハ本舗」公式サイトより

 お笑い番組やバラエティ番組もあるものの、基本的に“お堅い番組”ばかりなのがNHK。お色気とはまったく無縁の局だが、22日の昼下がり、「ポルノ」という単語が飛び交う異例の番組が放送された。

 その番組は、船越栄一郎と美保純が司会を務めるトーク番組『ごごナマ』だ。22日のゲストとして招かれたのは女優・白川和子。多くのドラマや映画に出演し、今年2月には過去に吉永小百合、八千草薫、三田佳子らも受賞した「田中絹代賞」を受賞した白川は、もともと昭和40年代に数多くのピンク映画に出演し、“ロマンポルノの女王”と呼ばれた人物だ。となると、当然話題はそのことに触れざるを得ない。番組を偶然見かけた40代の男性は語る。

「私は、高速道路のサービスエリアでお昼ご飯を食べており、備え付けのテレビでNHKを見ていましたが、13時のニュースが終わるといきなり画面に『ロマンポルノ』という単語が登場し、その後も『あえぎ声』『昼下がりの情事』『ピンク映画』『押し倒されて……』など、際どい単語が次々と登場しました。子どもが一緒だったので、非常に気まずかったです」

 昼下がりから挑戦的なテーマに挑んだNHK。しかし同局がロマンポルノを扱うのは、これが初めてではない。テレビ情報誌の記者が言う。

「地上波ではありませんが、2016年にBSプレミアムのドキュメンタリー番組『アナザーストーリーズ』で、日活ロマンポルノが取り上げられた過去があります。NHKがロマンポルノを取り上げたのも驚くべきことですが、名作を紹介する場面では、濡れ場やバストトップも画面に登場し、当時大きな話題になりました。今回、白川をゲストに呼び、包み隠さずロマンポルノについて話したということは、NHKはロマンポルノをひとつの文化として認めたということでしょう」

 ちなみに『ごごナマ』の司会を務める美保も日活ロマンポルノ出身で、番組では「色眼鏡で見られた」など、“共通の悩み”を話し合うシーンも登場。番組中には、NHKのアナウンサーが「ロマンポルノについて簡単にご説明申し上げます」と話すシュールな場面もあったが、こういった番組について、テレビ関係者は「NHKだからこそできる」と話す。

「制作現場は、お色気番組なら視聴率が取れるのはわかっていますが、画面にバストトップが映ったり、あまりに下品だったりすると、近年はすぐに『スポンサーはどこだ?』などという話になってしまうので、過激な番組やシーンは減る一方です。その点、NHKは視聴者がスポンサーですから、そういった心配はありません」(同)

 かつては“エロ”といえばテレビ東京の独壇場だったが、令和のテレビ界はNHKが“エロの救世主”になるのかもしれない。

最終更新:2019/04/25 08:00
こんな記事も読まれています

NHK『ごごナマ』で“神回”? 「ポルノ」連呼の意外な舞台裏って!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

毒舌婚活ブログ”中の人”に聞く

「ブログなんてもう古い、時代はnoteだ――」  そんな声がにわかに高まりだした20...
写真