「港区おじさん」の正体はタダの買春オヤジ⁉ アッパー層限定の出会い系サイト「東カレデート」にJDライターが潜入!

2019/05/15 14:00

「東カレデート」

 毎回ハイエンドな話題のレストランなどを取り上げ、意識高い系を中心に支持を得ているライフスタイル誌「東京カレンダー」。同誌スマホアプリで配信する、港区を舞台にアッパーな男女たちが織り成す人間模様を描いた動画ドラマも人気で、「港区おじさん」「港区女子」という言葉も浸透させた。

 筆者は上京して2年、そんなキラキラな港区ライフに憧れつつも、大学と住まいのある豊島区からほぼ出ることのない毎日を送っている現役女子大生(21)だ。そんな筆者だが、港区女子になれるかもしれないチャンスを見つけたのだった。

「日本最大級のアッパー層限定審査制婚活・恋活マッチングアプリ」

「東京カレンダーが提供するコンテンツの世界を踏襲」

「ワンランク上の、多くの素敵な男女の会員がお待ちしております」

 これは、同誌が運営する出会い系サイト「東カレデート」の紹介記事である。豊島区女子の前に突然現れた港区女子への扉を、筆者は開かずにはいられなかった……。

 登録に際し、Facebookまたは携帯SMSによる認証と、本人確認書類の提出が必要なのはほかの出会い系アプリも同様だ。しかし、同アプリが特徴的なのは、顔写真と自己紹介文を提出したうえで、運営と既会員による入会審査が行われているということだ。

 ルックスにはまったく自信のない筆者だったが、過去に撮った写真の中で奇跡的に「盛れてる」1枚をチョイスしアップしたところ、登録から2日後には晴れて審査合格となった。  

 すると、男性会員からの大量の「いいね!」が届き始めた。その数は、審査合格から1日で60を超えた。「いいね!」を送ってくれた男性に「ありがとう」と返せばマッチング成立となり、直接メールでやりとりできるようになる。

 港区女子への扉が開いたことに小躍りしながら、「いいね!」をくれた男性全員に、次々に「ありがとう」を返した。気づけば、マッチョボディを縦縞スーツの下に隠した褐色のアラフォー男に、ホテルのバーでルームキーをチラつかせて口説かれることを想像してニヤついたりもしていた。

 マッチングした男性の中で、最初にメールを送ってきたのは37歳会社経営、年収5000万円というスペックの人物。しかし、興奮しながら開封したメールは以下のような内容だった。

「お となの関係でお会いいただけませんか、じょうけん5で検討していただければ幸いです」

最終更新:2019/05/15 14:43

人気記事ランキング

人気キーワード

続きを読む