日刊サイゾー トップ > 芸能  > 田中圭『ゴジラ』吹き替えが大不評

田中圭、『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』吹き替えの声高すぎで不評 まさかの炎上狙いか?

【校正待ち】田中圭、『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』吹き替えの声高すぎで不評 まさかの炎上狙いか?の画像1
映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』公式Twitter(@GodzillaMovieJP)より

 5月31日公開の映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』のメインキャラクターである動物学者・マークの日本語版声優を担当した田中圭。飛ぶ鳥を落とす勢いの人気俳優の起用となったが、オリジナル版とのイメージが異なるとの声も聞こえてくる。映画関係者は話す。

「田中は声が高く、吹き替え版のマークは子供っぽい雰囲気が出てしまっている。でも、オリジナル版でマークを演じたカイル・チャンドラーは年齢的にも田中より19歳も年上だし、渋いイメージなんですよね。人気が高い田中を起用したいのはわかるけど、正直言ってミスキャストだったのではないかとの意見も多いです」

 ハリウッド映画の日本語吹き替え版に本職の声優ではなく、人気俳優を起用して、映画ファンからバッシングを受けるケースは少なくない。炎上リスクを避けるために、吹き替えの仕事をやらないという俳優もいる。

「田中は人気がイマイチだった時期を経て、やっとブレークしたということもあって、基本的に仕事をあまり選ばない方針のようです。しかも、注目映画の主人公の吹き替えとなれば、断る理由もないといったところだったのでしょう」(芸能関係者)

 しかし、田中の声とチャンドラーのイメージが合わないことは、制作サイドも田中の所属事務所も重々理解していたはずだ。

「田中の話題性を利用したいということが、起用の大きな理由だったであろうことは言うまでもありません。田中はサービス精神も旺盛だし、映画の宣伝にも積極的に取り組んでくれます。だとしても、ミスキャストであることはわかりきっているわけで、むしろ炎上を狙っているのではないかとの疑念さえ芽生えてきます」(同)

 今回の声優起用で、田中がバッシング対象になりやしないかと心配する業界関係者も多い。

「田中は、『おっさんずラブ』の映画版や続編ドラマ、2クール放送中の『あなたの番です』など、まだまだ注目作への出演が控えています。今回の吹き替え版が仮に大バッシングに発展すれば、田中の人気が急落してしまうかもしれない。そうなったら、控えている出演作がコケる可能性も高くなる。どうか何事もなく時が過ぎますように……という関係者たちの祈りが聞こえてくるようです」(同)

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』は田中にとって、いろいろな意味で重要な作品となりそう。田中の未来は、ゴジラにかかっている!?

最終更新:2019/06/03 08:00
こんな記事も読まれています

田中圭、『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』吹き替えの声高すぎで不評 まさかの炎上狙いか?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

城島茂と菊池梨沙…破局も近い?

今週の注目記事・第1位「巨人『鈴木尚広』と『美...…
写真
インタビュー

『カニバ』佐川一政の実弟が激白

 事件は1981年6月11日に起きた。パリに留学中だった佐川一政は、好意を抱いて...
写真