日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 小林麻耶が生島に高飛車要望

芸能活動再開の小林麻耶が新事務所のボス・生島ヒロシに高飛車要求!?「情報番組なら昼で!」

小林麻耶公式ブログより

 果たしてテレビ界にどれほどの需要があるのだろうか。

  フリーアナウンサーの小林麻耶と昨年7月に結婚した整体師の國光吟氏が6月10日、自身のブログで共に芸能事務所「生島企画室」に所属することを発表した。

「小林は結婚翌月の昨年8月に所属事務所のセント・フォースを退所し、芸能界引退が報じられていたが、最近になって『中居正広のキンスマスペシャル』(TBS系)、『直撃!シンソウ坂上』(フジテレビ系)に夫婦そろって出演。“引退宣言”自体した覚えがないと言って、体調がよくなったことを理由に芸能活動再開を宣言しました。國光さんは『あきら。』の芸名で活動するようです」(芸能ライター) 

 しかし、ネット上では「アンチ急増するだろうな」などと、辛らつな声も少なくはない。もっとも、本人は再びスポットライトを浴びることに何の疑いも持っていないようで――。

「事務所のボスの生島ヒロシには、『情報番組の仕事は昼のほうがいい』と要望を出しているそうです。そんな話が来ているわけではないのに、本人は勝手にオファーが殺到すると思い込んでいる。彼女があれほどテレビ出演できていたのは、大手フリーアナ事務所のセント・フォースの力があったからこそ。しかし、これほどあっさり復帰されたら前事務所も立場がない。後ろ足で砂をかけるような移籍をしたことで、芸能界では腫れ物のような扱いをされることになるでしょう。以前のようにテレビ界に居場所があるのかは疑問です」(テレビ関係者)

 昼の情報番組どころか、深夜番組でも出られたら御の字といったところか。

最終更新:2019/06/12 09:50
こんな記事も読まれています

芸能活動再開の小林麻耶が新事務所のボス・生島ヒロシに高飛車要求!?「情報番組なら昼で!」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

キンプリ平野の「今後の不安」

 今回取り上げるのは、King & ...…
写真
インタビュー

樹海、NY取材で見た人間の本性とは?

 ホームレスやゴミ屋敷、新興宗教などを中心に取材を続けてきた村田らむ氏と、国内外の裏社...
写真